スポンサーリンク

【WWE】ビンス・マクマホン引退後の息子シェイン・マクマホンはどうなっていくのか?

ニュース

2022年のRoyal Rumbleで男子ロイヤル・ランブル・マッチをプロデュースした後、父ビンスと決裂してWWEを去ったシェイン・マクマホン。

この試合はファンからの評判も悪ければバックステージでのリアクションも最悪で、いいところなしでした。シェインによるプロデュースの方向性が自己中心的だったこと、試合の計画を何度も何度も変更したことで選手たちの不満が爆発し、試合に勝利したブロック・レスナーさえ横暴なシェインの振る舞いに腹を立てていたといいます。

ある関係者によれば、「ビンスがWWEにいる限り、シェインはこの団体でチャンスを与えられることはないだろう」という状況にまでなっていたそうです。しかし、父ビンスは性的非行 & 不倫隠蔽スキャンダルをスクープされたこともあって引退を宣言し、団体から去りました。

Fightfulによれば、ビンスが引退したことでシェインがWWEに復帰する可能性はゼロではないものの、その可能性は低いそうです。ビンスだけではなく、バックステージ全体を怒らせてしまったことがいつまでも尾を引くのかもしれません。

また、シェインは自身の実業家としての活動に力を入れており、2021年8月に電気自動車の開発会社でエグゼクティブ・チェアマンに就任しました。こちらの仕事が忙しいと、なかなかWWEに戻るという決断はできないでしょう。

Shane McMahon’s wildest moments: WWE Playlist
【WWE】プロレスビジネス一筋のビンス・マクマホン。団体内部では「引退宣言は長続きしない」という意見も
ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた性的非行&不倫隠蔽スキャンダルが影響したのか、WWEの最高責任者ビンス・マクマホンが引退を宣言しました。 今後の団体を率いていくのは娘ステファニー・マクマホンとニック・カーン社長。共同C...
【WWE】ビンス・マクマホン引退後のクリエイティブはどのように進められていくのか?
WWEの絶対的な権力者だったビンス・マクマホンが引退したことで、団体には大きな変化が訪れることが予想されます。 クリエイティブ・コンテンの決定権がビンス以外の人物やグループに委ねられるようになるため、番組の方向性や内容が変化し...

(Fightful, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

ROH世界王座の防衛に失敗したジョナサン・グレシャムがAEW / ROHからの退団を要求
先日開催されたROHのPPV「Death Before Dishonor」でクラウディオ・カスタニョーリ(セザーロ)を相手にROH世界王座の防衛戦を行い、敗れて王座を失ったジョナサン・グレシャム。 ROHの旧体制のラスト興行と...
【WWE】ビンス・マクマホン引退の知らせが、ビンスのスキャンダルを報じてきたウォール・ストリート・ジャーナルの一面を飾る
2022年6月、ウォール・ストリート・ジャーナルはビンス・マクマホンが元従業員の女性と不倫し、彼女が退社する時に口止め料として300万ドルを支払ったというスキャンダルを報じました。 WWE役員会はこの件について独自に調査し、調...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました