スポンサーリンク

ROH世界王座の防衛に失敗したジョナサン・グレシャムがAEW / ROHからの退団を要求

ニュース

先日開催されたROHのPPV「Death Before Dishonor」でクラウディオ・カスタニョーリ(セザーロ)を相手にROH世界王座の防衛戦を行い、敗れて王座を失ったジョナサン・グレシャム。

ROHの旧体制のラスト興行となった2021年12月の「Final Battle」で同王座を初戴冠し、以来様々な団体で防衛戦を戦ってきた彼は、2022年4月にAEW社長 & ROH新オーナーのトニー・カーンと契約し、両団体で活動していくことを決断しました。

しかし、今回の王座陥落でトニーとの関係は終わりそうです。Fightfulによれば、彼は試合前にトニーと会話し、トニーを罵倒したとのこと。そして、AEW / ROHでの契約からのリリースを要求しているそうです。

試合前にWrestlePurists.comの取材を受けたグレシャムは、トニーとの関係について次のように語っていました。

正直言って、彼とはあまり会話をしたことがないんだ。彼が俺のことをどう思っているかは知らない。会話したとしてもすぐに終わっちゃうし、時間も短い。だから、わかんねえ。評価してくれていればいいなと思うけど、今後1ヶ月くらいの間に分かるんじゃないかな。

トニーは所属レスラーとのコミュニケーション不足を指摘されることもあり、2022年上半期に契約満了で退団したジョーイ・ジャネラやマルコ・スタントは契約後期にトニーと話をする機会がほとんどなくなっていたことを明かしています。

【AEW】マルコ・スタントが契約末期の辛い状況を振り返る。「社長にメッセージを送っても返事が来ないんだ」
2019年に設立されたAEWは、初期メンバーたちと3年の複数年契約を結ぶケースがほとんどでした。 そのため、2022年は彼らが揃って契約切れを迎える一年となり、何人かのレスラーがインディシーンに戻ることに。元ジュラシック・エク...
【AEW】ジョーイ・ジャネラが退団の意思を固める。「再契約に興味はない」
2019年に旗揚げしたAEWの初期メンバー、ジョーイ・ジャネラ。インディシーンで精力的に活動し、支持を受けていた彼のAEWでのキャリアは想像以上に厳しいものになりました。 PPVとして開催された2019年の「Fyter Fes...

期待しなくなったレスラーに対してはコミュニケーションを取らない。そうした傾向にある彼とのやり取りがほとんどないことについて、グレシャムは不満だったのかもしれません。ROHでの活動に誇りを持っていた彼がリリースを要求するのは大ごとです。

FULL RING OF HONOR TITLE MATCH| Jonathan Gresham vs Steve Maclin | IMPACT! Jan 20, 2022
ジョナサン・グレシャムがROHの今後を語る。「これはROHだ。これこそ俺がやりたいと思っていたことだ」
2022年3月、AEWのトニー・カーン社長がROHを買収し、オーナーに就任しました。 4月に復活興行「Supercard of Honor」を開催した後は独自のショーを開催していないものの、AEWのテレビ番組Dynamiteや...

(Fightful, SESCOOPS)

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました