スポンサーリンク

【WWE】ステファニー・マクマホン & HHHのトップ就任により、サーシャ・バンクス&ナオミの復帰に期待できるかも?

ニュース

クリエイティブへの不満から番組収録をボイコットし、無期限謹慎処分となったサーシャ・バンクスとナオミ。サーシャは6月にWWEから退団したと報じられ、彼女の現在のブッキング料は3万ドルだとされています。

サーシャ・バンクスのWWE外でのブッキング料は3万ドル
2022年6月にWWEを退団したという報道があったサーシャ・バンクス。 これまでに何度も団体と対立し、退団の危機もあったスターがついに退団したとあって、WWEの外側での活躍にも期待がかかります。しかし、ブッキングは簡単ではない...

2人が不満を持っていたのはタッグ戦線に対する団体の態度。タッグチャンピオンとして精力的に活動していきたいと思っていた2人に対し、団体はそれぞれ別のシングルタイトルに挑戦することを望んでいました。そのことに憤った2人は、当時タレント・リレーション部門の責任者を務めていたジョニー・エース(ジョン・ロウリネイティス)のデスクにベルトを置いて収録会場を立ち去ったという話。2人の怒りがどれほどのものだったかがわかります。

しかし、ビンス・マクマホンの性的非行 & 不倫隠蔽スキャンダルが報じられ、ビンスが引退したことにより、これからのWWEには大きな変化が訪れることが期待されています。

ステファニー・マクマホンが共同CEOに就任し、ジョニー・エースはタレント・リレーション部門から去り、その後釜にHHHが選ばれた。さらに、彼はクリエイティブの全責任を追う立場となり、これからのWWEのクリエイティブを牽引していくことになった。これはサーシャ & ナオミにとってはポジティブな出来事でしょう。

【WWE】HHHが今後のクリエイティブにおける全責任を負うことが発表される
時は来た! 今日、WWEはビンス・マクマホンの引退に関連した人事を発表しました。役員会による決議でステファニー・マクマホンとニック・カーン社長が共同CEOに任命されたことに加え、HHHが今後のクリエイティブに関する全責任を負う...

PW Torchのウェド・ケラーによれば、団体内には「ステフ & HHHの存在により、サーシャ & ナオミを説得して復帰させられるかもしれない」という希望があるとのこと。

特に、女性部門に対する深いリスペクトを持つステフの存在は大きく、彼女の権力が強まれば、今後の番組で女性部門に割かれる時間が増え、より良いプレゼンテーションが実現する可能性があります。もしそうなれば、サーシャ & ナオミの不満は解消されるかもしれません。

30 Sasha Banks facts you need to know: WWE List This!

Cultaholic

あわせて読みたい

【WWE】ステファニー・マクマホンのCEO就任によりポール・ヘイマンが重宝されるかも?
ビンス・マクマホンがWWEの会長 & CEO職から退き、引退する。簡単に書けば1行で説明が済んでしまうこの出来事は、プロレス界最大手の団体に非常に大きな影響を与えます。 ビンスがクリエイティブから去ることで番組の内容は...
【新日本プロレス】AEWトニー・カーン社長がロッキー・ロメロに謝罪。「ROHを買収した時はごめん」
AEWのトニー・カーン社長は、団体のプロダクトに関するほぼすべての決定権を持っています。彼が許可しないものは基本的に表に出ることはありません。 AEWはレスラーにクリエイティブの自由を持たせるスタイルの団体なので、レスラーたち...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました