スポンサーリンク

【WWE】復帰のデクスター・ルミス&Hit Rowは今後どのように活動していく?ルミスを巡る状況は流動的

ニュース

HHHがクリエイティブの責任者に就任してからのWWEでは、ビンス・マクマホン体制で解雇された選手たちの復帰が相次いでいます。

SummerSlamではダコタ・カイがカムバックし、その後のRAW & SmackDownでは、デクスター・ルミス、カリオン・クロス、Hit Row(B-Fab、トップ・ダラ、アシャンテ・ジー・アドニス)が復帰。カイとクロスはロースターとしての立ち位置がハッキリしていますが、ルミスとHit Rowは今後どのように活動していくことになるのでしょうか?

【WWE】復帰のカリオン・クロスがSmackDownの2番手ヒールに
HHHがクリエイティブの責任者に就任したことで、何人かの選手がWWEに戻ってきました。 SummerSlamではダコタ・カイ、SmackDown最新回ではカリオン・クロス&スカーレット。そして、RAWの最新回にはデクスター・ル...
【WWE】ベイリーがイヨ、スカイ(紫雷イオ)&ダコタ・カイとのトリオ結成の裏側を語る。「ずっと望んでいたことだった」
PPV「SummerSlam」で怪我から約1年ぶりに復帰したベイリー。 単独での復帰ではなく、イヨ・スカイ(紫雷イオ)&ダコタ・カイを引き連れての登場となりました。退団の噂もあったイヨ、そして2022年4月にWWEから解雇され...

PWInsiderによれば、SmackDownで復帰したHit RowはWWEの内部ロースター・リストの中でベビー・フェイスとして扱われているとのこと。また、彼らだけではなく、ロンダ・ラウジーもベビーフェイス扱いになっているそうです。

一方、ルミスは扱いが明確になっておらず、今後RAWとSmackDownのどちらで活動していくことになるかも決まっていないとのこと。RAWではAJスタイルズが勝利した後で登場した彼ですが、立場は流動的と言えるでしょう。

Hit Row debuts on SmackDown against Dustin Lawyer & Daniel Williams: SmackDown, Oct. 22, 2021

PWInsider

あわせて読みたい

日本でも人気のアレックス・ゼインはどこかの団体と契約を結んでいるのか?
新日本プロレス「Best Of The Super Junior」に参戦し、日本のファンからもおなじみの存在となったアレックス・ゼイン。 オースチン・エースとの友情を育む様子もSNSでよく話題になっていました。どんどん日本語が...
【WWE】ロード・ドッグがビンス・マクマホンとHHHのプロレス哲学の違いを語る。「ジョニー・ガルガノは、ビンスなら…」
ビンス・マクマホン引退、HHHがWWEのクリエイティブの責任者に就任。2022年のプロレス界最大のニュースは、WWEという業界最大手の団体に大きな影響を与えています。 HHHはビンスが価値を見出さなかったカリオン・クロスやダコ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました