スポンサーリンク

【WWE】ロード・ドッグがビンス・マクマホンとHHHのプロレス哲学の違いを語る。「ジョニー・ガルガノは、ビンスなら…」

インタビュー

ビンス・マクマホン引退、HHHがWWEのクリエイティブの責任者に就任。2022年のプロレス界最大のニュースは、WWEという業界最大手の団体に大きな影響を与えています。

HHHはビンスが価値を見出さなかったカリオン・クロスやダコタ・カイを連れ戻してチャンスを与え、ビンスが干そうとしていたギュンター(ウォルター)をプッシュしています。

【WWE】ビンス・マクマホンがギュンター(ウォルターに)に見切りをつけて干そうとしていたと報じられる
WWEのメインロースターで活躍するのは大変なことです。 クリエイティブの責任者だったビンス・マクマホンに気に入られなければ、仮に気に入られたとしても、彼の興味を持続させることができなければスポットライトを当てられることはありま...

2人の間にプロレス哲学の違いがあるのは明らか。元NXTプロデューサーのロード・ドッグは、2人の違いについて、元NXTの人気者ジョニー・ガルガノを引き合いに出して説明しました。

みんなも知っていることだけど、ビンスが考えていたのは「自分のレスラーがどう見えるか」ということで、そのアイデアがザ・ロックやハルク・ホーガン、ストーン・ゴールド・スティーブ・オースチンだったわけだ。大きく、たくましく、魅力的だったり醜悪だったりするキャラクター。いずれにせよ、ビンスは大男を好んだ。

HHHは、どちらかといえばレスラーやプロレスが好きで、試合の上手いレスラーが大好きだよね。(小柄だが試合巧者の)ジョニー・ガルガノはビンスの番組では決して活躍できなかっただろうけど、HHHの番組なら活躍できる可能性が高い。なぜなら、彼は本当にプロレスが上手いから。

Johnny Gargano- Rebel Heart WWE THEME SONG

Fightful

あわせて読みたい

【WWE】ビンス・マクマホンに導かれて復帰したコーディ・ローデスはHHH新体制でどのような扱いを受けるのか?
2022年4月に古巣WWEへ電撃復帰したコーディ・ローデス。 2月に副社長を務めていたAEWでの活動を終了した彼は、WWEの最高責任者ビンス・マクマホンとの間で古巣復帰に向けた交渉を続け、レッスルマニア38でWWEユニバースの...
【WWE】AJスタイルズがビンス・マクマホン引退&HHH新体制への期待を語る。「ビンスのために働かない時が来るなんて」
性的非行 & 不倫隠蔽スキャンダルをスクープされて引退したビンス・マクマホン。現在もWWE役員会による調査は続いています。 ビンスがWWEのすべての役割から引退し、大株主としてのみ団体と関わるようになったことで、団体に...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました