スポンサーリンク

WWE役員会によるビンス・マクマホンの性的非行 & 不倫隠蔽疑惑の調査費用は1000万ドルを超える?

ニュース

2022年6月、ウォール・ストリート・ジャーナルはWWEの会長 & CEOのビンス・マクマホンが元従業員の女性に対して不倫の口止め料として300万ドルを支払ったことをスクープしました。

翌7月には、ビンスが性的非行や不倫を隠蔽するため、過去16年間に4人の女性に対して合計1200万ドルもの口止め料を支払っていたことがスクープされました。一連の報道はWSJによる独自スクープでしたが、彼らはWWE役員会がこの件について調査しているという情報を聞きつけて取材を重ね、報道に至ったという経緯があります。何よりも先にこのことを知っていたのはWWE役員会。現在に至るまで、ビンスの性的非行 & 不倫隠蔽疑惑の調査は続いています。

【WWE】ビンス・マクマホンが「性的非行や不倫の疑惑を抑えるため」過去16年間で1200万ドル以上の口止め料支払いに同意していたと報じられる
2022年6月、元WWE女性従業員との不倫や口止め料300万ドルの支払いが報じられたビンス・マクマホン。最高責任者である彼のスキャンダルは団体を大きく揺るがしました。ウォール・ストリート・ジャーナルという超有名誌のスクープであることも影響し...
【WWE】ウォール・ストリート・ジャーナル誌のレポーターがビンス・マクマホンのスキャンダルについて語る。「団体全体の問題だ」
WWEを揺るがしたビンス・マクマホンのスキャンダル。 ウォール・ストリート・ジャーナルは2ヶ月連続でスクープを飛ばし、WWEに大きな影響を与えています。スクープがきっかけでNetflixは製作途中だったビンスのドキュメンタリー...

先日、WWEは米国証券取引委員会に提出した財務関係の資料の中で、ビンスの疑惑に対する調査費用として約1000万ドルを見込んでいることが明らかになりました。これまでにかかった費用は170万ドルで、最終的には1000万ドルを超える可能性もあるとのこと。

この件は、単なるビンス・マクマホンのスキャンダルではなく、WWEという企業のガバナンスに関する重大な案件です。中途半端に調査を終わらせるのではなく、徹底的に事実関係を調べ上げてすべてを明らかにする義務がある……とWWE役員会は考えているのかもしれません。

WhatCulture

あわせて読みたい

リオ・ラッシュがWWE復帰をほのめかすような投稿を繰り返していることが話題に
新型コロナウイルスのパンデミックが起きたことによる経費削減のため、2020年にWWEから解雇されたリオ・ラッシュ。 インディシーンに復帰した後は新日本プロレスやAEWで活動していましたが、現在はフリーエージェントです。一時は肩...
【WWE】ビンス・マクマホンに導かれて復帰したコーディ・ローデスはHHH新体制でどのような扱いを受けるのか?
2022年4月に古巣WWEへ電撃復帰したコーディ・ローデス。 2月に副社長を務めていたAEWでの活動を終了した彼は、WWEの最高責任者ビンス・マクマホンとの間で古巣復帰に向けた交渉を続け、レッスルマニア38でWWEユニバースの...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました