スポンサーリンク

【WWE】ビンス・マクマホンがギュンター(ウォルターに)に見切りをつけて干そうとしていたと報じられる

ニュース

WWEのメインロースターで活躍するのは大変なことです。

クリエイティブの責任者だったビンス・マクマホンに気に入られなければ、仮に気に入られたとしても、彼の興味を持続させることができなければスポットライトを当てられることはありません。ビンスは気まぐれな理由で選手たちに見切りをつけることもあり、これからチャンスを掴もうとしている若手たちにとっては大変な環境でした。

しかし、ビンスが引退し、HHHがクリエイティブの責任者となったことで、ビンス時代には活躍の芽がなかった選手たち、解雇までされてしまった選手たちにチャンスが与えられています。

【WWE】ダコタ・カイがベイリー & イヨ・スカイ(紫雷イオ)との活動への意気込みを語る。「信じられない」
PPV「SummerSlam」で約3ヶ月ぶりにWWEへ復帰したダコタ・カイ。 一時は団体からリリースされていた彼女ですが、HHHがクリエイティブの責任者に就任したことで復帰が実現しました。報道によれば、HHHが「真っ先に連れ戻...
【WWE】復帰のカリオン・クロスがSmackDownの2番手ヒールに
HHHがクリエイティブの責任者に就任したことで、何人かの選手がWWEに戻ってきました。 SummerSlamではダコタ・カイ、SmackDown最新回ではカリオン・クロス&スカーレット。そして、RAWの最新回にはデクスター・ル...
【WWE】Hit RowのメンバーたちがSmackDownで復帰。B-Fab、トップ・ダラ、アシャンテ・ジー・アドニス
ビンス・マクマホン体制のWWEでうまくいかなかった選手たちが、HHH新体制の発足によって復帰する。ダコタ・カイ、カリオン・クロス、デクスター・ルミスに続き、あの3人も戻ってきました。 SmackDownの最新回で、Hit Ro...

どうやら、ギュンター(ウォルター)もその1人のようです。現在はしっかりとプッシュを受けており、SmackDownの最新回では中邑真輔を相手にインターコンチネンタル王座の防衛戦に挑み勝利した彼ですが……。

WrestleVotesによれば、当時のWWE上層部は現地7月4日のRAWでRトゥルースに勝利したギュンターに「馬鹿げた理由」で失望し、テレビ番組から干されそうになってしまうほど評価が下がったのだそうです。もしビンスが引退していなかったら、彼は当分の間冷遇されていたかもしれません。

Gunther vs. Shinsuke Nakamura — Intercontinental Championship Match: SmackDown, Aug. 12, 2022

あわせて読みたい

【WWE】セオリーがビンス・マクマホン引退とビンスから学んだことを語る。「これ以上ないグループが彼の後を継ぐ」
ビンス・マクマホンが引退したことにより、彼が重宝していた選手たちの待遇に注目が集まっています。 次世代スター、ネクスト・ジョン・シナとしてプッシュされていたセオリーはビンス引退の影響を受けやすい立場にあると考えるファンもいます...
【WWE】AJスタイルズがビンス・マクマホン引退&HHH新体制への期待を語る。「ビンスのために働かない時が来るなんて」
性的非行 & 不倫隠蔽スキャンダルをスクープされて引退したビンス・マクマホン。現在もWWE役員会による調査は続いています。 ビンスがWWEのすべての役割から引退し、大株主としてのみ団体と関わるようになったことで、団体に...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました