スポンサーリンク

【AEW】サミー・ゲバラがエディ・キングストンとのガチ喧嘩の舞台裏を語る。「エディはプロとしての自覚を持たなかった」

ニュース

ジェリコ感謝協会のサミー・ゲバラと抗争していたエディ・キングストン。

2人はPPV「ALL OUT」での対決が予定されていましたが、8月に放送されたRampageでのゲバラによるプロモにキングストンが激怒し、バックステージで口論になったことがきっかけで計画はなくなってしまいました。ゲバラはキングストンの体型を揶揄し、これがキングストンの逆鱗に触れたのです。

Fightfulによれば、ゲバラは同僚たち(イーサン・ペイジ、スコーピオ・スカイ、サンジェイ・ダット)から「一緒に仕事をするのが難しい人物」だと評されており、キングストンは彼との仕事を望む唯一のAEWロースターだったのだそうです。にもかかわらず口論になってしまったのは双方にとって不幸なことでした。

Fightfulの取材に応じたゲバラは、混乱が生じた原因としてコミュニケーション不足を挙げました。

エディはプロとしての自覚を持たず、俺とコミュニケーションを取らなかった。もし事前に伝えてくれていたら、あんなことは言わなかったよ。なぜなら、誰かを傷つけるようなことを、俺は一番したくないから。

コミュニケーションが取れていれば防げたことだったのか……とはいえ、誰かの体型を揶揄するようなことを公然と言ってしまうのはダメですね。ゲバラからコミュニケーションを持とうとしていたのかどうかも気になります。

Sammy Guevara Retains His Championship in a War with Andrade and Darby Allin | Rampage, 3/4/22

(Fightful, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

ダニー・ライムライトが「AEWとの別れ」の理由を語る。「成熟しなければならなかった。もっとひどいことになっていたかも」
NJPW STRONGへの参戦でもおなじみのダニー・ライムライト。 彼は2020年10月から2021年6月までAEWのYoutube番組「AEW Dark」に頻繁に出演していましたが、2021年7月にMLWと契約を結んだ後はA...
【AEW】クリス・ジェリコが「団体によるレスラーたちの扱い方へ対するファンの不満」が誤解であることを語る。「たくさんいるのは大事」
2019年に設立されたAEWは、年々ロースターを拡大し続けてきました。 初期と比べると人数は比べ物にならないほど多くなり、ブライアン・ダニエルソンやCMパンクといったレジェンドたちも加わっています。DynamiteとRampa...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました