スポンサーリンク

PWI500 2022年版が発表。1位はローマン、レインズ!CMパンクとハングマン・ペイジの順位差わずか1

ニュース

PWI 500の季節がやってきました。

今日、PWI500の最新版トップ20が発表になりました。これはアメリカの老舗プロレス雑誌PWIが毎年発表するレスラーのランキングで、2022年版は2021年7月から2022年6月までのレスラーたちの活躍が評価対象になりました。評価基準は以下の通りです。

  • 勝敗
  • 技術力
  • 影響力
  • トップレベルの対戦相手との成績
  • 多種多様な対戦相手との成績
  • アクティビティ

今年の1位はWWEで大活躍のローマン・レインズでした。誰も文句は言わないでしょう。トップ20は以下の通りです。

  1. ローマン・レインズ(WWE)
  2. オカダ・カズチカ(新日本プロレス)
  3. CMパンク(AEW)
  4. ハングマン・ペイジ(AEW)
  5. ボビー・ラシュリー(WWE)
  6. コーディ・ローデス(AEW→WWE)
  7. ブライアン・ダニエルソン(AEW)
  8. エル・イホ・デル・ビキンゴ(AAA)
  9. ビッグE(WWE)
  10. ジョナサン・グレシャム(ROH→AEW / ROH→フリーランス)
  11. 鷹木信悟(新日本プロレス)
  12. ジョン・モクスリー(AEW)
  13. マット・カルドナ(インパクト・レスリング)
  14. ジョシュ・アレキサンダー(インパクト・レスリング)
  15. 棚橋弘至(新日本プロレス)
  16. MJF(AEW)
  17. セス・ロリンズ(WWE)
  18. アダム・コール(WWE→AEW)
  19. ケニー・オメガ(AEW)
  20. ドリュー・マッキンタイア(WWE)

顔ぶれは文句なし。グレシャムのトップ10入りは嬉しいですね。ペイジは悔しい…!雑誌のランキングなので悔しいもクソもないと言ってしまえばそれまでですが、こういうランキングはああだこうだ言うのが楽しいので……。

今年も"PWI 500"が発表。1位はジョン・モクスリー!日本人最高位は内藤哲也
アメリカのプロレス雑誌"Pro Wrestling Illustrated"が1991年から毎年発表しているプロレスラーのランキング"PWI 500"。今日、2020年版が発表されました。 順位付けの基準は次の通り。 ...
2019年の"PWI 500"トップはセス・ロリンズ!前年1位のケニー・オメガは8位に
プロレス雑誌"Pro Wrestling Illustrated"が毎年発表している"PWI 500"。1年ごと(今回は2018年7月から2019年6月)に活躍したレスラーを500人選出し、独自の評価システムによって順位をつけています。 ...

AEW World Champion Hangman Page and CM Punk Finally Come Face to Face | AEW Dynamite, 5/11/22

あわせて読みたい

【AEW】ジョン・モクスリーはCMパンクに邪魔されなければどの程度の長期休暇を取る予定だったのか?
PPV「ALL OUT」でCMパンクに敗れ、AEW世界王座を失ったジョン・モクスリー。 本来、彼はショーの終了後に長期休暇を取る予定でした。しかし、パンクが友人のエース・スティールとともに団体副社長(ヤング・バックス&...
【AEW】ヤング・バックスとケニー・オメガはCMパンクにどう対処すべきだったのか?ブリー・レイが持論を展開
AEWを揺るがすビッグ・アクシデントになったCMパンクと副社長たち(ヤング・バックス&ケニー・オメガ)の大喧嘩。 今のところ聞こえてきている噂ではパンク側の暴行話ばかりですが、詳細はわかりません。現在、第三者による調査が行われ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました