スポンサーリンク

今年も”PWI 500″が発表。1位はジョン・モクスリー!日本人最高位は内藤哲也

ニュース

アメリカのプロレス雑誌”Pro Wrestling Illustrated”が1991年から毎年発表しているプロレスラーのランキング”PWI 500″。今日、2020年版が発表されました。

順位付けの基準は次の通り。

  • 勝敗
  • 技術力
  • 影響力
  • トップレベルの対戦相手との成績
  • 多種多様な対戦相手との成績
  • アクティビティ

さて、今年のランキングはどうなっているのでしょうか?25位まで紹介します。

  1. ジョン・モクスリー(AEW)
  2. アダム・コール(WWE)
  3. クリス・ジェリコ(AEW)
  4. ドリュー・マッキンタイア(WWE)
  5. 内藤哲也(新日本プロレス)
  6. オカダ・カズチカ(新日本プロレス)
  7. Cody(AEW)
  8. セス・ロリンズ(WWE)
  9. コフィ・キングストン(WWE)
  10. AJスタイルズ(WWE)
  11. キース・リー(WWE)
  12. ブロック・レスナー(WWE)
  13. ケニー・オメガ(AEW)
  14. ローマン・レインズ(WWE)
  15. ニック・オールディス(NWA)
  16. ブレイ・ワイアット(WWE)
  17. 飯伏幸太(新日本プロレス)
  18. ルーシュ(ROH)
  19. ブラウン・ストローマン(WWE)
  20. ジェイコブ・ファトゥ(MLW)
  21. ウィル・オスプレイ(新日本プロレス)
  22. MJF(AEW)
  23. アリスター・ブラック(WWE)
  24. 宮原健斗(全日本プロレス)
  25. ウォルター(WWE)

設立2年目のAEWから、ジョン・モクスリーが1位に輝きました。AEWだけでなく、新日本プロレスでも暴れまわったスーパースター。異論はないでしょう。

団体別のランクイン数は次の通りです。

  • WWE: 12人
  • AEW: 5人
  • 新日本プロレス: 4人
  • 全日本プロレス、MLW、ROH、NWA: 1人

あわせて読みたい

【AEW】Codyとの抗争以降日の目を見ないショーン・スピアーズ。現状についてどう思っているのか?
2019年にWWEを退団したタイ・デリンジャーは、関係の深いCodyが副社長を務めるAEWに移籍しました。移籍直後はCodyとの抗争が盛り上がりを見せていたものの、これに一段落ついてからは脚光を浴びることがほぼなくなってしまっています。 ...
【新日本プロレス】タマ・トンガが「WWEに移籍するレスラーたちへの想い」を語る
クリス・ヴァン・ブリエットのYoutubeチャンネルに新日本プロレスのタマ・トンガが登場し、様々な話題について語りました。ここでは、新日本からWWEに移籍するレスラーたちへの想いを語ったパートを紹介します。 新日本からWWEへ...
タイトルとURLをコピーしました