スポンサーリンク

【WWE】「サードパーティ禁止令」ビンス・マクマホンはいつからこの件について考えていたのか

ニュース

先日、WWEは所属選手たちに対し「サードパーティの利用禁止」を通達しました。「サードパーティ」にはTwitchやYoutube、Cameo.comが含まれていると考えられていましたが、リングネームではなく本名を使用し、会社に報告するという条件付きでTwitchとYoutubeの利用は認められるようになりました。

【WWE】選手のYoutube / Twitch利用が「条件付き」で許可される
先日、WWEの最高責任者であるビンス・マクマホンが選手たちに対して「サードパーティ」の利用禁止を命じ、10月2日までに利用を中止しなければ厳しく罰すると通達したと報じられました。「サードパーティ」にはTwitchやCameo.com、You...

とはいえ、選手たちはリングネームを利用して外部で収入源を確保することができない、ということが明確になった形になります。有料で有名人から希望する内容のメッセージ動画を受け取ることができるサービス、cameo.comは利用禁止になることが予想されています。

レスリング・オブザーバーによれば、WWEの最高責任者ビンス・マクマホンは、サードパーティ利用禁止令を2020年初頭に通達することを望んでいたそうです。しかし、行動に出る前に新型コロナウイルスのパンデミックが始まり、計画は延期されました。ビンスはその後も禁止令の話を続けていたそうですが、実際に通達されるのは9月にまでずれ込んだそうです。

「リングネームとキャラクターはWWEの資産。それを守るのは全体の利益に繋がる」というのが団体としての考え方。しかし、サードパーティの活用は選手たちにとって貴重な収入源になっていました。本名での一部サービスの利用が可能になったのは喜ばしいことですが、あまり上から規則を押し付けすぎるのは良くないような気がします。世界が平常であればそれでもいいのでしょうが、新型コロナウイルスのパンデミックによってツアーが中止されているWWEでは、選手たちのグッズ収入が少なくなっています。

(Wrestling Observer, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

AEW入団のミロ(ルセフ)。新日本プロレスに参戦可能な契約を結んだことが明らかに
AEWの所属選手は基本的に専属契約を結んでいますが、大物レスラーは海外の団体に参戦可能な契約を結んでいることがあります。代表例はクリス・ジェリコとジョン・モクスリーでしょう。2人はAEW所属でありながら新日本プロレスにも参戦し、ベルトを腰に...
【海外の反応】『新日学園 内藤哲也物語』の英訳版電子書籍配信配信決定に湧く海外ファンたち。「待ちきれない」
『プ女子百景』の著者として知られる広く。さんのマンガ『新日学園 内藤哲也物語』の英訳版電子書籍が配信されることになりました。 Twitterや海外掲示板でもこのニュースには好意的な意見が寄せられています。海外ファンのコメントを...
タイトルとURLをコピーしました