スポンサーリンク

【WWE】HHH「世界は変わった。出血が必要とは思わない」

インタビュー

WWEの黄金時代とも呼ばれるAttitude Era(90年代後半〜2000年代前半)は、激しい内容の番組が売りでした。

出血など大人向けの内容が大ウケした結果、WWEはWCWとのテレビ戦争「マンデー・ナイト・ウォーズ」に勝利。2000年代中盤にファミリー層向けの番組制作を軸とする「PG Era」が始まってからはかつての過激な内容は見られなくなりましたが、Attitude Eraは今もファンから熱い支持を得ています。

最近ではAEWが出血アリの過激な試合でファンを盛り上げていますが、Attitude Eraを生きたWWEクリエイティブ責任者のHHHは、現代のプロレスに出血はいらないと考えているようです。

世界は変わったんだ。進化した。出血が必要とは思わないね。

世界情勢やコロナのパンデミックを考えれば、意図的に危険性を高めなくても俺たちがやってることは十分に危険だという意見を持ってるんだ。確かに出血が付き物だった時代も長かったけど、やり方を改めた。あの時代に戻るのは無責任だ。

WWEの最高責任者だったビンス・マクマホンがAEWの出血アリの危険な試合に激怒していたのは有名な話。HHHだけではなく、団体全体の意見なのかもしれません。

意図的な出血なし。進化したスポーツ・エンターテイメントを見せるのがWWEです。

Attitude Era catchphrases- WWE Top 10

Fightful

あわせて読みたい

【AEW】MJFがドタキャン騒動や不在中の日々について語る。「必要なことを確実にやり遂げる」
AEW初期メンバーの1人で、卓越したマイクスキルでファンを夢中にさせるMJF。 PPV「Double or Nothing」のドタキャン騒動やDynamiteで起こした放送事故など、2022年の彼はとにかく話題になりました。放...
【AEW】CMパンクはバックステージで同僚たちへどのように振る舞っているのか?
PPV「ALL OUT」終了後に副社長たち(ヤング・バックス & ケニー・オメガ)と大喧嘩を繰り広げたCMパンク。 彼らの出場停止処分はまだ解除されておらず、復帰時期は未定になっています。 8月頃から「バックステ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました