スポンサーリンク

【AEW】MJFの復帰はテレビ局親会社から歓迎されている

ニュース

2022年6月のDynamiteで団体への不満を爆発させ、放送事故を起こしたMJF。

テレビ局の親会社であるワーナー・ブラザース・ディスカバリーは彼を番組に出さないように指示したという噂まで流れましたが、9月に復帰した彼のことをどう思っているのでしょうか?

Fightfulによれば、ワーナーは復帰を歓迎しているとのこと。番組の視聴率を上げることに貢献できる人材だと考えているようです。

2024年初頭にAEWとの契約が切れるMJF。今のうちにしっかり活躍し、価値を高めてからフリーエージェントになって大金を得る。テレビ局を喜ばせ続けることができれば目標を達成できるでしょう。

MJF Has a Warning for the AEW World Champion to Be | AEW Dynamite, 9/14/22

(Fightful, Cultaholic)

あわせて読みたい

ジュース・ロビンソン「俺はもう新日本プロレスの代表じゃない。完全にフリーだ」
2015年にWWEを退団したCJパーカーは、新天地として新日本プロレスを選びました。 ジュース・ロビンソンというリングネームを名乗るようになった彼はそれから7年間、愛されるベビーフェイスとして活躍し、新日本からの期待にも応えて...
マイケル・エルガンがスタンダップ・コメディに挑戦へ
新日本プロレスやノアへの参戦でお馴染みのマイケル・エルガン。 以前から何かと問題を起こしている彼はプロレスラーとしての継続的な活動が困難な状況にあるようで、2020年以降は試合数が激減しています。職場だけではなく私生活でもいろ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました