スポンサーリンク

【AEW】ジョン・モクスリーとの契約延長の背景が明らかに。団体は「彼の残留のためなら必要なことはなんでもする」

ニュース

先日、AEWは団体の顔として活躍しているジョン・モクスリーとの5年の契約延長に合意したことを発表しました。

荒々しさと反骨精神はAEWを象徴するかのよう。WWE時代よりもレスラーとしての価値を自ら高め、AEWに欠かせない存在として活躍しています。

【AEW】ジョン・モクスリーが5年の契約延長に合意。「団体とファンのスピリットが大好き」
2019年に旗揚げしたAEWは、設立に深く関与したThe Eliteのメンバーたち(コーディ・ローデス、ヤング・バックス、ケニー・オメガ)がいきなり団体の中心として大活躍するのではなく、元WWEのビッグスターだったクリス・ジェリコを中心とし...

Fightfulは、彼の契約延長に関する裏話を報じています。まず、団体は彼との契約延長を強く希望していたようで、「残りのキャリアをAEWで過ごしてもらうためなら、できることはなんでもする」と考えているとのこと。新契約へ大きな投資をしたようです。報道では、彼はコーチやメンターとしての役割も担っていくことになります。

また、今回の契約でも、彼はAEWと国際提携している新日本プロレスなどの団体に参戦することができます。しかし、WWE退団後の彼はGCWなどのアメリカのインディ団体でも活動しています。少なくとも、GCWは彼の契約延長について事前に知らされておらず、今後のステータスはわからないとのこと。彼はGCWでの活動にも強い思いを持っていますが……。

Jon Moxley Badass Entrance: AEW Dynamite, May 11, 2022

(Fightful, Cultaholic)

あわせて読みたい

AEWの主要レスラーたちはアンドラーデの言動に不満を持っていると報じられる
サミー・ゲバラとバックステージで喧嘩して帰宅を命じられ、Rampageの収録に参加できなかったアンドラーデ。 彼はDark Order"10"とのシングルマッチが予定されており、もし彼が試合に敗れれば団体から追放されることにな...
【AEW】中止になったアンドラーデ追放マッチ。そもそもなぜブッキングされたのか?
Rampageの最新回で行われるはずだったアンドラーデ追放マッチ。 Dark Order"10"との試合に彼が敗れれば団体から追放される。この試合に向けてTwitterでレスラーたちが様々な意見を発信し、トニー・カーン社長自身...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました