スポンサーリンク

【新日本プロレス】カール・アンダーソン&ドク・ギャローズがWWEに復帰するかもしれないと報じられる

ニュース

2020年にWWEから解雇されたカール・アンダーソン&ドク・ギャローズ。

解雇された後、彼らはインパクト・レスリングやAEW、そして新日本プロレスで活動してきました。経験豊富な2人はどの団体でも重宝され、アンダーソンはNEVER無差別級王座のチャンピオンとして棚橋弘至の挑戦を退けました。11月5日にはヒクレオを相手にタイトルマッチを行う予定です。

以前の報道では、彼らは2023年のレッスルキングダムまで新日本で働くことになっており、その後のことは不明とされていました。

PWInsiderによれば、WWE内部には「2人が復帰する」と考えている関係者が複数おり、早ければ今月にも復帰が実現する可能性があるようです。また、先週月曜日、2人はワシントンDCでAJスタイルズと共に目撃されているそうで、これがWWE復帰のための準備の一環だと考えられています。

AJの仲間として復帰するのであれば、元Bullet Clubメンバーたちの抗争に加わることになります。しかし、来月にタイトルマッチを控えている状態で、WWE復帰のためにタイトルを返上するようなことがあるのでしょうか…?最低でも誰かに敗れて王座を明け渡してからの復帰になりそうな気はします。

WWE: "Omen In the Sky" ► Luke Gallows & Karl Anderson Theme Song

PWInsider

あわせて読みたい

AEWと5年の契約延長に合意したジョン・モクスリーは古巣WWE復帰に興味なし?
AEWとの5年の契約延長に合意し、コーチやメンターとしても働き始めたとされているジョン・モクスリー。 2019年にAEWへ移籍した彼のキャリアは順風満帆ではなく、アルコール依存の治療プログラムに入ったり、怪我で離脱する時期があ...
【WWE】フィン・ベイラーとローマンレインズの抗争計画は、ブロック・レスナー復帰によりキャンセルされていた
2021年にWWEへ復帰したブロック・レスナー。 プロレス界最大の存在として現在でもしっかりと活躍していますが、彼ほどのビッグネームが団体に復帰することは各方面に大きな影響を与えます。フィン・ベイラーもその影響を受けた1人です...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました