スポンサーリンク

【AEW】イーサン・ペイジが語る理想のキャリアパス。「さまざまな役割で、可能な限り長くこの団体で」

インタビュー

2021年にAEWと契約したイーサン・ペイジ。

テレビ番組での出番が多いわけではありませんが,恵まれた体格を生かしたプロレスとエゴイスティックなキャラクターでファンを楽しませています。

そんな彼は、リング上の競技者以外の形でもこの業界で働きたいと考えているようです。最新のインタビューの中で、彼はバックステージでスタッフとしても働いていることを明かしました。

可能性は無限大なんだ。番組の出演者としてだけではなく、バックステージで働くスタッフとしてもね。最近は試合のエージェントもやってさ、ヘッドセットをつけて試合に参加したんだ。あれはまたやりたい経験だと思ったね。書くこともクリエイティブなことも大好きだから、AEWではさまざまな役割で可能な限りキャリアを続けていきたい。

ペイジは現在33歳。若いうちからバックステージでのキャリアを積み重ねれば、重宝される人材になれるでしょう。

FULL MATCH Lee Johnson vs Ethan Page in his AEW in Ring Debut | AEW Dynamite

Cultaholic

あわせて読みたい

【WWE】復帰のブレイ・ワイアット。復帰に向けた交渉中の彼に対しAEWなど複数団体が探りを得れていたと報じられる
PPV「Extreme Rules」でついにWWEへ復帰したブレイ・ワイアット。 2021年夏に経費削減の名目で解雇された後、彼はインパクト・レスリングやAEWといった団体との契約が噂されたこともありましたが、実際には入団は実...
【AEW】MJFがコーディ・ローデスとの現在の関係を語る。「アドバイスを求めて電話するよ」
AEWの若手4本柱の1人であるMJFは、AEWが設立された2019年に団体副社長のコーディ・ローデスとの間に抗争が生まれました。 彼のAEWでのキャリアにおいて、彼の存在は欠かせません。現在のイメージがファンの間に広まったのは...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました