スポンサーリンク

WWE復帰のカール・アンダーソンは引き続きレッスルキングダム17まで新日本プロレスに参戦へ

ニュース

新日本プロレスのNEVER無差別級王座を保持しながら古巣WWEへ復帰したカール・アンダーソン。

最近まで所属していたインパクト・レスリングとの契約が切れた後、彼は「新日本でやらなきゃいけないことがある」と語っていました。以前の報道では2023年のレッスルキングダムまで新日本に参戦するとされていたため、当分は新日本に軸足を置いた活動をすると思われていました。

しかし、彼はNEVERのベルトを保持しながらWWEのリングに上がったのです。新日本プロレスワールドのTwitterアカウントは、彼のRAW登場シーンをリツイート。そして、WWE復帰後も11月に行われる予定だったヒクレオとのタイトルマッチが中止になることはありませんでした。

Fightfulによれば、彼は引き続きレッスルキングダム17にも参戦する予定があるとのこと。彼自身が語っていたそうなので、間違いないのでしょう。

Gallows and Anderson return to help AJ Styles against The Judgment Day: Raw, Oct. 10, 2022

(Fightful, Cultaholic)

あわせて読みたい

【AEW】MJFがコーディ・ローデスとの現在の関係を語る。「アドバイスを求めて電話するよ」
AEWの若手4本柱の1人であるMJFは、AEWが設立された2019年に団体副社長のコーディ・ローデスとの間に抗争が生まれました。 彼のAEWでのキャリアにおいて、彼の存在は欠かせません。現在のイメージがファンの間に広まったのは...
AEWと5年の契約延長に合意したジョン・モクスリーは古巣WWE復帰に興味なし?
AEWとの5年の契約延長に合意し、コーチやメンターとしても働き始めたとされているジョン・モクスリー。 2019年にAEWへ移籍した彼のキャリアは順風満帆ではなく、アルコール依存の治療プログラムに入ったり、怪我で離脱する時期があ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました