スポンサーリンク

サラヤ(元WWEペイジ)がAEWと契約する前にWWEが提示していた再契約オファーの内容が報じられる

ニュース

2022年7月にWWEとの契約を終え、9月にAEWへ移籍したサラヤ(ペイジ)。

彼女がWWEを去ることになった経緯はなんとなく想像できていましたが、その詳細をFightfulが報じました。

まず、彼女との契約を更新しないという判断は、当時の最高責任者ビンス・マクマホンとタレント・リレーション部門責任者のジョニー・エースによるもの。彼女が退団したあと、2人はスキャンダルによって失脚し、WWEを去りました。

彼女は現役復帰を希望していたものの、ビンスらは彼女の復帰に全く無関心で、引退の原因になった首の怪我の回復具合を調べることに興味がなかったそうです。

しかし、2人が失脚してHHHが現場の責任者に就任したあと、WWEは彼女に対してGMという立場での契約オファーを出し、さらに彼女が望むなら現役復帰もできるとも伝えていたそうです。

HHHは彼女のことを高く評価していたため、退団が決まった時にはショックを受けていたとのこと。なんとしても連れ戻したい人材だと思っていたようですが、彼女はAEWとの契約を選びました。

WWEへ復帰したいと思っているAEWロースターが複数人いると噂されている中でWWEからやってきたサラヤ。トニー・カーン社長は彼女を重宝するでしょう。

Saraya Has Arrived in AEW & New York Goes Crazy! | AEW Dynamite: Grand Slam, 9/21/22

(Fightful, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

WWE復帰のカール・アンダーソンは引き続きレッスルキングダム17まで新日本プロレスに参戦へ
新日本プロレスのNEVER無差別級王座を保持しながら古巣WWEへ復帰したカール・アンダーソン。 最近まで所属していたインパクト・レスリングとの契約が切れた後、彼は「新日本でやらなきゃいけないことがある」と語っていました。以前の...
【AEW】ジョン・モクスリーが5年の契約延長にコメント。「どこにも行くつもりはない」
先日、AEWはジョン・モクスリーと5年の契約延長に合意したことを発表しました。 契約は2027年までとなり、彼は脂が乗り切った時期をAEWで過ごすことになります。コーチやメンターとしても働くようなので、AEWにさまざまな立場で...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました