スポンサーリンク

【WWE】サミ・ゼインがBloodlineとの仕事を語る。「アイデアを実現するまでに半年かかった。本当にやりがいがある」

インタビュー

ローマン・レインズとウーソズによるユニット「Bloodline」とのストーリーが進行中のサミ・ゼイン。

彼は、Bloodlineとの絡みによってコメディリリーフとしての才能が再評価されることになりました。WWE内部では、彼とケビン・オーエンズについての計画を先延ばしにするほどにBloodlineとの仕事ぶりが高く評価されています。

Podcast番組「Cheap Heat」にゲスト出演した彼は、Bloodlineとの仕事について語りました。

興味深い仕事だし、何もかもがショーの中心のように扱われるわけだから、やりがいも大きいよ。

彼によれば、彼らの計画が構想されたのは今から1年前で、それが実現するまでに半年かかったそうです。

アイデアは2021年のSurvivor Seriesに入るときに初めて話し合われたんだよね。俺はSmackDownに一番長く在籍していたから、ロッカールームのリーダーだったんだ。ロッカールームのリーダーと、head of the table(レインズ)でかなり面白いことができるんじゃないかと思ってた。

元々は、彼らががっぷり4つで取り組むわけではなく、簡単なやりとりを考えていたそうですが、結果的に番組の中心になるようなビッグプロジェクトになりました。

ある日、ケータリングでレインズとアリエル・ヘルワニのインタビューを聞いたんだ。彼は俺のキャラクターに好感を持ってくれていて、「いつかサミと一緒に何かをやりたい」と言ってた。話がまとまったのがいつだったかを正確に覚えてるわけじゃないけど、相思相愛だったんだよね。

それぞれの個性とキャラクターが相乗効果を起こし、素晴らしいムーブメントを起こしています。とてもいいことですね。

Sami Zayn feels more Ucey than ever in Bloodline Celebration: SmackDown, Dec. 2, 2022

WrestlingNews.co

あわせて読みたい

【WWE】ケビン・オーエンズがグレート・ムタVS中邑真輔の実現への驚きを語る。「真輔にとってもいろんな意味がある」
2023年1月1日、グレート・ムタと中邑真輔がシングルマッチで対戦します。 世界中を舞台に活躍し、多くのプロレスラーやファンからリスペクトされるムタ。そして、現役のWWEスーパースターとしてプロレス界の最先端で活躍する中邑。W...
【AEW】レスラーたちは「ウィリアム・リーガル卿は退団するのに、なぜその直前でプッシュしたのか」と疑問に思っている
2022年1月にビンス・マクマホン体制下でWWEから解雇され、その後AEWへ移籍したウィリアム・リーガル卿。 WWE時代はHHHと共にNXTを率い、AEWではジョン・モクスリーやブライアン・ダニエルソンらのユニット「Black...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました