スポンサーリンク

ジム・ロスが「WWEとケン・シャムロック」を振り返る。「彼は過小評価されていた。我々はチャンスを逃したんだ」

インタビュー

第2次UWFやパンクラスでの活動で知られるケン・シャムロック。

1997年から1999年にかけて、彼はWWF(現WWE)に所属し、世界タッグ王座やインターコンチネンタル王座を獲得する活躍を見せていました。団体最高峰のタイトルであるWWF世界ヘビー級王座にも3度挑戦しましたが、ブレット・ハート、ショーン・マイケルズ、そしてスティーブ・オースチンを相手にタイトル獲得とはなりませんでした。

そんな彼について、WWEの名物アナウンサーだったジム・ロスは「我々はチャンスを逃してしまったかもしれない」と考えているようです。それは、ケン・シャムロックがプロレス界で過小評価されていた、というJR自身の評価によるものです。

俺はいつもケン・シャムロックをトップ選手だと考えていたよ。彼のマネジメントは少し大変だったけど、それは彼がロードに出ることに慣れていなかったからだ。だから、彼は構築するのに最適なキャラクターだった。

俺はケニーのことをリスペクトしているし、タフガイたち……神様だな。彼らのこともリスペクトしている。彼はロッカールームで何の問題もなく過ごしていたよ。誰も彼に嫌な思いをさせるようなことをしなかったからね。

彼はプロレス界で非常に過小評価されていたと思う。だから、我々は彼についてのチャンスを逃してしまったんだ。これは間違いない。[…]ケン・シャムロックがチャンピオンになっていたとしても、俺には何の問題もなかったよ。彼は信頼できる男だ。彼のプロモもそう。台本を覚えられなかったからこそ、いいものになった。俺は昔も今もケン・シャムロックのファンだよ。

FULL MATCH – The Rock vs. Ken Shamrock – Intercontinental Championship Match: Royal Rumble 1998

eWrestlingNews

あわせて読みたい

【WWE】サーシャ・バンクスの噂がいくつも報じられる陰で…ナオミが重要な決断に直面している
2022年5月、WWEはサーシャ・バンクスとナオミに無期限謹慎処分を課しました。 2人は、当時保持していたWWE女子タッグ王座に関するクリエイティブ上の考えで団体と対立し、番組収録をボイコットしたのです。サーシャは交渉の末20...
【AEW】クリス・ジェリコから大金星の新星アクション・アンドレッティ。彼を「スターになれる」とプッシュしたのはもちろんあの人
先日放送されたDynamite: Winter is Comingで、まさかの出来事がありました。 先日開催されたROHのPPV「Final Battle」でクラウディオ・カスタニョーリに敗れ、ROH世界王座を失ったクリス・ジ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました