スポンサーリンク

【AEW】クリス・ジェリコのROH世界王座防衛失敗について、テレビ局とトニー・カーン社長の間で意見の相違があったと報じられる

ニュース

ROHのPPV「Final Battle」でROH世界王座の防衛に失敗したクリス・ジェリコ。

タイトルは元王者のクラウディオ・カスタニョーリのもとに戻り、ジェリコはPPV明けのDynamiteで行われた無名の若手アクション・アンドレッティとのシングルマッチにも敗れました。この試合はジェリコが「アンドレッティをスターにしたい」と考えたことで実現したものでしたが、ROH世界王座をどのような形で失うか、という点については、団体の内外で意見の相違があったようです。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、トニー・カーン社長は「Final Battleでタイトル陥落」という計画をずっと考えていたそうです。しかし、Dynamiteを放送するテレビ局TBSのシニア・バイス・プレジデントであるサム・リンスキーは、ジェリコがROHのPPVに出場すること自体に反対だったのだとか。

一時は11月のPPV「Full Gear」でジェリコがタイトルを失うという計画が議論されたこともありましたが、最終的にはFinal Battleでのチャンピオン交代劇に決定したそうです。

AEWにとって、テレビ局やその親会社であるワーナー・ブラザース・ディスカバリーとの良好な関係を保つことは非常に重要です。時には彼らの意見を尊重しなければならない時もあるでしょうが、今回は予定通りに計画を実行することができたようですね。

A New ROH World Champion is Crowned As Jericho Celebrates OCHOx | AEW Dynamite: Grand Slam, 9/21/22

(Wrestling Observer, WhatCulture)

あわせて読みたい

AEW参戦中のトレント・セブン。団体この契約ステータスはどうなっているのか?
元WWEの口ひげ男、トレント・セブン。 イギリスのインディシーンで活躍し、タイラー・ベイトとのタッグチーム「Moustache Mountain」や、ここにピート・ダンも含めた「British Strong Style」として...
AEWがテレビ番組のデザインを変更すると報じられる。2023年1月に刷新か
2019年10月に放送がスタートしたDynamite、そして2021年8月放送開始のRampageは、番組のセットや放送内容のデザインなどを大幅に反抗することなく放送を続けてきました。 テレビ番組の放送を中心に活動するプロレス...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました