スポンサーリンク

【AEW】ジェイミー・ヘイターのAEW女子世界王座獲得とサクセスストーリーはバックステージでどのように受け止められているのか?

ニュース

元STARDOMのジェイミー・ヘイターは、強豪ひしめく2022年のAEW女性戦線の中でしっかり結果を残しています。

PPV「Full Gear」では、同じく元STARDOMのトニー・ストームからAEW女子王座を奪い取り、志田光との防衛戦は団体の歴史に残る名勝負になりました。客席は大盛り上がりでしたね。

Fightfulによれば、彼女のサクセスストーリーやAEW女子製菓王座の獲得、そして志田光との名勝負は、バックステージで「満場一致で好意的に受け止められている」とのこと。また、彼女と共に活動するブリット・ベイカーとREBELも、彼女のバックアップとしての働きが評価されているのだとか。

そして、さらに、プロデューサーのB.J.ホイットマーがストーム戦と志田戦のプロデューサーを務め、仕事ぶりを称賛されているのだとか。AEW設立と同時にスタッフとして入団した元ROH組。バックステージでの働きぶりはしっかりと評価されています。

ヘイターはスター性に満ちたレスラーですし、これからもプッシュを受け続けてほしいですね。メインイベンターになれますよ!

Jamie Hayter Defeats Shida in a Classic to Retain the AEW Women's Title | AEW Holiday Bash, 12/21/22

(Fightful, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【WWE】ケビン・オーエンズ「今の契約が満了した後、WWEと再契約しない理由はないよ」
2021年12月にWWEとの3年契約に合意したケビン・オーエンズ。 WWEを代表するスターの1人である彼は、引退から久々に復帰したストーン・コールド・スティーブ・オースチンとのレッスルマニア38でのメインイベントをはじめ、WW...
WWEライターたちにとって、ビンス・マクマホンとの仕事は何が大変だったのか?
WWEを世界規模の団体に成長させた偉人ビンス・マクマホンは、天才的なクリエイティブの才能を持ちながらも、一緒に働くのが大変な上司でもありました。 彼は決定を覆す傾向があり、それはショーの開催直前だろうと関係なく起こりました。ラ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました