スポンサーリンク

【WWE】The Revival(FTR)が退団した本当の理由はなんだったのか?

ニュース

2014年、ダスティ・ローデスによってタッグチーム「The Revival」が結成されました。

2014年に WWEへ入団したダッシュ・ワイルダー(キャッシュ・ウィーラー)は、WWEパフォーマンスセンターで、長年の友人だったスコット・ドーソン(ダックス・ハーウッド)を相手に初めてのプロモの練習に挑みました。この様子を見ていたプロデューサーのダスティは、2人がタッグを組むべきだと判断し、2015年に亡くなるまで2人の最大のサポーターとしてプッシュし続けたといいます。

その後、 WWEの有力なタッグチームに成長した2人は、団体がタッグ戦線を軽視していることに不満を抱くようになり、2020年に退団。ダスティの息子コーディが設立に深く関与したAEWへ移籍し、その後の大活躍から「世界最高のタッグチームの1つ」と呼ばれるようになりました。

出演したPodcast番組の中で、ハーウッドは WWEから退団した理由について語りました。

自分が持っているものに感謝するべきなんだよ。でも、自分が信じる者のために立ち上がらなければ、何にもならないということも信じている。俺とキャッシュは世界最大の団体で働いていたが、前に進まなければならないとも思っていたんだ。

(バックステージで文句を言っていた、という当時の噂について)俺たちは絶対そんなことしてないよ。ただ、タッグ戦線がより良いものになってほしかっただけなんだ。戦線が充実すれば、もれたちも一緒に成長できるわけだからさ。決まりきったやり方が続くのであれば、俺たちがさらに上のランクに行くことは絶対にあり得ない、ということもわかってた。

タッグ戦線が非常に充実しているAEW移籍の決断は、彼らを大きく成長させました。もともと評価は高かったものの、ここまでのレベルに到達することはなかったでしょう。

IWGPタッグ王座のチャンピオンチームでもある2人。レッスルキングダム17での試合も楽しみです。

The Revival vs. American Alpha: – NXT Tag Team Titles 2-out-of-3 Falls Match: WWE NXT, July 6, 2016

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【WWE】Royal Rumble参戦が噂されたKAIRI(カイリ・セイン)。現時点で接触はないが…
2023年のRoyal Rumbleに出場するのではないか、という噂が一時的に流れたKAIRI(カイリ・セイン)。 噂の内容は、彼女がIWGP女子王座の初代チャンピオンを獲得するまで、WWE内部で彼女をRoyal Rumble...
【AEW】ジェイミー・ヘイターのAEW女子世界王座獲得とサクセスストーリーはバックステージでどのように受け止められているのか?
元STARDOMのジェイミー・ヘイターは、強豪ひしめく2022年のAEW女性戦線の中でしっかり結果を残しています。 PPV「Full Gear」では、同じく元STARDOMのトニー・ストームからAEW女子王座を奪い取り、志田光...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました