スポンサーリンク

【AEW】カイル・オライリーが首の固定手術後の苦悩を語る。「たくさんのストレス、怒りと混乱」

インタビュー

2021年にAEWへ移籍したカイル・オライリー。

ROH時代から活動を共にするアダム・コール&ボビー・フィッシュとAEWでも団結して活動していましたが、彼らにとって2022年はいい年にはなりませんでした。

コールは深刻な脳震盪で欠場し、フィッシュは退団。オライリーは首を負傷し、固定手術を受けることになりました。

オライリーは、Instagramで手術後の苦悩や信念の抱負を語りました。

新しい年、新しい自分。陳腐に聞こえるから嫌いな言葉だけど、カイル・オライリーと2023年の場合は真実味を帯びた言葉になる。手術後の問題(後日公開するよ)に対応するのはとてもストレスの多いことで、2022年の最後の数ヶ月は怒りと混乱に満ちてあ。リング復帰は、単純に、かつての自分のようにいい状態では戻れない。アスリートとしての健康状態を、あらゆる面で向上させないといけないんだ。よりよりトレーニング、スマートな食事、意図的なリカバリーが必要になる。

これまで、自分の怪我や精神的な苦悩についてあまり語ってこなかったけど、こうして書き留めることが癒しになるのを実感してるよ。我々の言葉は、ただ思うだけだったり、書き留めるだけでも大きな力を持つ。だから、「新しい自分」という言葉は、再びタラップまで歩き、ロープをくぐるという名誉と特権を得るために必要なんだ。

持病の糖尿病とも闘いながら活動している彼にとって、ストレスフルな日々を過ごすのは本当に最悪なことでしょう。1日も早く回復し、復帰できることを願っています。

Kyle O'Reilly Earns His Shot at Mox With a Casino Battle Royale Victory | AEW Dynamite, 6/8/22

あわせて読みたい

【新日本プロレス】FTRがIWGPタッグ王座を失うこと、そしてその相手はどのように計画されたのか?
新日本プロレス、ROH、そしてAAAのタッグタイトルを同時に保持し、世界最高のタッグチームの座を欲しいがままにしていたFTR(ダックス・ハーウッド&キャッシュ・ウィーラー)。 ここ最近の彼らは負けが込んでいて、持っていたタイト...
【新日本プロレス】WWEがタマ・トンガの獲得に興味アリと報じられる。ヒクレオだけじゃない?
先日、WWEが新日本プロレスのヒクレオの獲得に興味を示していることが報じられました。 ジェイ・ホワイトとの敗者日本追放マッチの結果にさらに注目が集まるニュースでしたね。しかし、さらに気になるニュースが。 ヒクレオ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました