スポンサーリンク

【WWE】Money In The Bankのイギリス開催が決定した舞台裏とは?

未分類

先日、WWEはPPV「Money In The Bank」を現地7月1日にイギリスのO2アリーナで開催することを発表しました。

MITBが海外で開催されるのはこれが初めて。Fightfulは、イギリスでの開催についての舞台裏を報じています。

情報筋によれば、収容人数約2万人のO2アリーナでの開催が決まったのは、WWEが同会場を「イギリスのマディソン・スクエア・ガーデン」だと考えており、以前からショーを開催したい会場だと思っていたからなのだとか。大規模な会場は他にもありますが、ロンドンオリンピックの会場にも選ばれたO2アリーナの価値を評価したのでしょう。

また、MITBの開催前後に別のショーを開催することは真剣に検討されたことがなく、その予定も現時点ではないとか。

そして、ロケーションが決まったのはニック・カーン共同CEO一人のアイデアだったという噂もあったようですが、これは否定されており、実際には共同作業だったとのこと。

 

(Fightful, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【WWE】サプライズの場Royal Rumbleに新日本プロレスのジェイ・ホワイトが出場する可能性はあるのか?
1月のPPV「Royal Rumble」はサプライズを起こすのに最適な場です。 ショーのメインとなるロイヤル・ランブル・マッチは30人の選手が1人ずつ時間差で試合に参加していくルール。 一人ひとりの入場にしっかりと注目が...
【AEW】トニー・カーン社長がビンス・マクマホンのWWE復帰をジョークに?「職場のみんながなぜか親切にしてくれている」
WWEにビンス・マクマホンが復帰。それだけでもビッグニュースですが、彼の目的は「戦略的見直しプロセスの先頭に立つこと」で、これは団体売却の可能性を探っていくことを意味します。 2022年夏にビンスが引退し、HHH、ステファニー...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました