スポンサーリンク

AEW&カーン一族がWWEの売却先候補の1つになっていると報じられる

ニュース

AEWの社長トニー・カーンとオーナーのシャヒド・カーン親子は大富豪です。

カーン一族はNFLジャクソンビル・ジャガーズやサッカープレミアリーグのフラムFCも所有しており、トニーは各チームの上層部の一員としても仕事をしています。

ウォール・ストリート・ジャーナルの姉妹誌であるBARRON’Sによれば、ビンス・マクマホンの復帰により団体売却話が加速しているWWEの売却候補先の1つにAEWが浮上しているのだとか。もし買収が実現するのであれば、カーン一族は単独での買収を目指さず、資金提供者を募るだろう、と予想されています。

とはいえ、AEWによるWWE買収が実現するかどうかと言われれば、WWEとの関わりが深いNBCユニバーサルを所有するメディアコングロマリットのコムキャストやUFC親会社のエンデバー、サウジアラビア政府系ファンドPIFも売却候補先として名前が挙がっているため、微妙なところです。

カーン一族は大富豪ですが、WWEを所有することにどれくらいのメリットを感じているかは分かりません。もし買収が実現すれば、トニーにとってはROH以来2度目の団体買収となります。

いろんな話が報じられて面白いですね。実現したら、禁断の扉がバーンと開きそうです。

24 Hours With Jaguars' Owner Shahid Khan: NFL Protests, Trump, Yachts & Yoga | Sports Illustrated

(BARRON’S, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

AEWはケニー・オメガVSウィル・オスプレイのリマッチの舞台になるべきか?ルネ・パケットがコメント
世界中で大絶賛されたケニー・オメガとウィル・オスプレイによるドリームマッチ。 レッスルキングダム17をスティールする凄まじい内容でしたが、現時点で再選の予定はないとされています。 とはいえ、2人のストーリ...
【新日本プロレス】ヤング・バックスがレッスルキングダム17出場のオファーを受けていたことを明かす。「素晴らしいオファー。いつかまた」
2023年の新日本プロレス「レッスルキングダム17」は、ファンにとって満足度の非常に高いショーになりました。 ダブルメインイベントのオカダ・カズチカVSジェイ・ホワイト、ウィル・オスプレイVSケニー・オメガが名勝負になったのは...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました