スポンサーリンク

【AEW】MJFと竹下幸之介のプロモに「人種差別的だ」と批判の声が集まるも、両者はその内容に事前合意していたと報じられる

ニュース

Dynamite最新回で行われた竹下幸之介とブライアン・ダニエルソンのシングルマッチは、ブライアンがMJFへ挑戦するための道のりの1つでした。

彼は、2月8日までに行われる全試合に勝利すれば、PPV「Revolution」でMJFの持つAEW世界王座に挑戦することができます。

試合前、MJFは竹下を相手にマイクを披露。そこで、彼が竹下の苗字を「Take a shitta」(Take a shit=大便に行く、という意味)と発音してからかい、竹下が「ケツの穴から手突っ込んで奥歯ガタガタ言わせたろか!」と返すと、彼はまた「英語を話せよ」と挑発し返しました。

観客はここまでのやり取りに引き気味でしたが、竹下の「I said KISS MY ASS!」の一言で大盛り上がり。プロモとして成立するやり取りになりましたが、ネット上では賛否両論を巻き起こしました。

「MJFは一線を超えたのではないか。これは人種差別的だ。不愉快だった」という意見もあれば、「これは典型的なヒールレスラーのヒートの1つだ」と、批判的な意見に反対する人も。

There Will be NO Ironman Match Happening if MJF Has Any Say In It | AEW Dynamite, 1/11/23

Fightfulによれば、MJFと竹下は事前にプロモの内容について話し合い、合意していたとのこと。そうだとしても、内容に納得しないファンが一定する現れるのはMJFとしても理解していたでしょう。

個人的には、竹下の苗字をからかうならMJFだろうなと思っていましたが、正直タブーになるだろうとも思っていたので、ちょっと驚きました。

竹下がはじめてAEWに参戦した頃から、「スターになるためには、リングネームを変えといたほうがいいよ」という意見をSNSやRedditで見たことがあります。今後も、ヒールレスラーとのプロモで今回のようなやりとりがあるかもしれませんが、その度に物議を醸すことになりそうです。

(Fightful, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ヤング・バックスがレッスルキングダム17出場のオファーを受けていたことを明かす。「素晴らしいオファー。いつかまた」
2023年の新日本プロレス「レッスルキングダム17」は、ファンにとって満足度の非常に高いショーになりました。 ダブルメインイベントのオカダ・カズチカVSジェイ・ホワイト、ウィル・オスプレイVSケニー・オメガが名勝負になったのは...
【WWE】ブレイ・ワイアットが「ビンス・マクマホンの復帰により、彼の立場が危うくなるのでは」というファンのツイートを「いいね!」
WWEにビンス・マクマホンが復帰したことにより、団体の行末は不確定要素が非常に多くなっています。 彼は団体売却の可能性を検討するために復帰し、昨日は「サウジアラビア政府系ファンドPIFが買収した」という噂がSNS上を駆け巡りま...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました