スポンサーリンク

ドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック)がWWE売却の噂にコメント。「ユニークな世界への情熱を持った人をビンスが探し出せるか」

インタビュー

ビンス・マクマホンがWWEへ復帰した理由は、自らが育てた団体の売却を検討するためです。

売却先の候補はいくつか報じられ、サウジラビア政府系ファンドPIFが買収したという噂が流れたこともありましたが、実際にはまだ具体的な動きは起きていません。

【AEW】トニー・カーン社長にWWEを買収・運営する力はあるのか?エリック・ビショフが疑問視
ビンス・マクマホンの復帰後、団体売却を検討しているWWE。 複数の企業や組織が買収候補として挙がる中、AEWを率いる父シャヒド息子トニーのカーン一族も買収に興味を示していると報じられています。 実現する可能性は低いでしょ...

元WWEスーパースターで、現在は俳優として多忙な日々を過ごすドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック)。実業家の顔も持つ彼もまた、スポーツブックメーカーが「WWE買収の可能性あり」として候補に挙げた人物です。

【WWE】ブックメーカーが「WWEを買収するのは誰か?」という賭けを開始。人気が高いのはどこ?
WWEに復帰したビンス・マクマホン。 彼の狙いは団体売却を含めた「戦略的見直しプロセスの先頭に立つこと」で、早くも彼の復帰による影響が出始めています。 団体内部では、「彼の復帰により、2020〜2021年の大規模...

CNBCによるインタビューの中で、彼はWWEが団体売却を検討していることについて質問され、次のように答えました。

俺が言えるのは、WWEはエキサイティングなブランドだってこと。何十年にもわたって途方もないほどに成功している、幸運なブランドだね。

CNBCで情報を集めるビジネス界の人たちは知らないかもしれないけど、WWEには世代の歴史がある。私の祖父は70年代に、父は80年代にWWEで活躍していた。で、俺もワルな髪型とウエストポーチを持ってやってきて、ビンス・マクマホンのためにプロレスを続けたんだ。だから俺たちは何十年にもわたって成功できた。

とても魅力的な団体だよ。俺はワクワクしているし、ビンスと団体の成功を願ってる。

(ビンスを責任者として残す買い手じゃなければ買収は実現しないかもしれない、というホストの意見に対し)同意だね。重要な視点だよ。プロレス界とWWEの世界はユニークなんだ。ファンはとても多く、情熱的。WWEのような存在は他にはないよ。

だから、新しいオーナーはビンスと同じくらいの情熱をWWEやプロレス界へ向けなければならないと思う。簡単なことじゃない。

みんなも知っての通り、WWEは長年成功を収めてきた団体で、売却・買収はとても複雑になるかもしれない。

ただ、重要なことの一つだと俺が思っているのは、ビンスは「この非常にユニークな世界に対する情熱と愛情を持っている正しい買い手を見つけなければならない」と感じているだろう、ということだ。

The Rock’s most electrifying People’s Elbows: WWE Top 10, Nov. 18, 2021

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【WWE】HHHが再び選手ミーティングを開催。ビンス・マクマホン復帰の影響を改めて説明
ビンス・マクマホンがWWEへ復帰したことにより、WWEでは何が起きても不思議ではない、不安定な状況になっています。 ビンスが不在の間に共同CEOを務め、部下たちから慕われていたとされるステファニー・マクマホンは辞任。彼女とビン...
【WWE】コーディ・ローデスの復帰が発表される。Royal Rumble出場へ
2022年、トレーニング中に大胸筋断裂の大怪我を負ったコーディ・ローデス。 怪我をしながら出場したHell in a Cellでのセス・ロリンズ戦は、胸から脇にかけて紫色に内出血しながら戦う姿が痛ましかったものの、パフォーマン...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました