スポンサーリンク

【WWE】HHHが再び選手ミーティングを開催。ビンス・マクマホン復帰の影響を改めて説明

ニュース

ビンス・マクマホンがWWEへ復帰したことにより、WWEでは何が起きても不思議ではない、不安定な状況になっています。

ビンスが不在の間に共同CEOを務め、部下たちから慕われていたとされるステファニー・マクマホンは辞任。彼女とビンスの間には、家族として仕事をする上で問題があったとされ、同じく共同CEOでステフ辞任後は単独でCEOを務めるニック・カーンが間に入っていたと報じられています。

【WWE】ステファニー・マクマホンはリーダーとして尊敬される人物だったと報じられる
2022年7月にビンス・マクマホンが引退したことを受け、会長兼共同CEOに就任したステファニー・マクマホン。 父の後釜として役職に就いた彼女は、同じく共同CEOのニック・カーンや夫のHHHと共に団体の舵を取り、あまり悪い話は聞...
【WWE】ビンス&ステファニー・マクマホンが家族として働く上で問題を抱えており、ニック・カーンは緩衝材の役割を果たしていたと報じられる
WWEはファミリービジネス。ビンス・マクマホンが先頭に立ち、娘ステファニーと息子シェインも団体の一員として働いてきました。 ステファニーは団体のチーフ・ブランド・オフィサーでしたが、2022年に「家族との時間を優先するため」に...

ビンスの復帰は、彼がクリエイティブの主導権を取り戻すかもしれない、という懸念を生みました。現時点でその予定はありませんが、彼の跡を継いだHHHがいつまで権力を維持できるかは分かりません。すべてはビンス次第です。

先日、HHHはこの状況について、SmackDownのバックステージで選手たち向けのミーティングを開催。HHHがクリエイティブを指揮し続けること、ビンスと相談することがあったとしても、最終的な決定権は彼にあることを説明しました。

報道によれば、RAW最新回のバックステージでも同様のミーティングが開催され、先日と同じ内容が説明されたとのこと。見聞ではなく、直接選手たちに言葉を届けたいという意志があったのかもしれません。

WWEは不安定な状態です。ビンスは団体売却の可能性を検討するために復帰しましたが、売却先には複数の企業や団体の名前が挙がっています。

【AEW】トニー・カーン社長にWWEを買収・運営する力はあるのか?エリック・ビショフが疑問視
ビンス・マクマホンの復帰後、団体売却を検討しているWWE。 複数の企業や組織が買収候補として挙がる中、AEWを率いる父シャヒド息子トニーのカーン一族も買収に興味を示していると報じられています。 実現する可能性は低いでしょ...

Triple H assists Mr. McMahon backstage after their fight with Brock Lesnar & Paul Heyman

(Wrestling Observer, WrestlingNews.co)

あわせて読みたい

現役のレスラーたちはWWE売却の噂についてどう考えているのか?「言葉にできないほどの変化がプロレス界に訪れるだろうな」
WWEの売却を目的に復帰したビンス・マクマホン。 複数の買い手の名前が報じられる中、プロレス界で働くレスラーたちがこの件についてどう考えているのかも気になります。 業界最大手の団体に起こる変化は世界中に波及し、ど...
【AEW】サラヤ(ペイジ)が新日本プロレスデビュー後のメルセデス・モネ(サーシャ・バンクス)に祝福のメッセージを送ったことを明かす
プロレスラー同士の縁はなかなか切れるものではありません。特に、その人のキャリアを左右する瞬間に居合わせたレスラー同士の関係は切っても切れないものです。 2018年、ペイジはハウスショーでサーシャ・バンクスの蹴りを後頭部に受け、...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました