スポンサーリンク

【WWE】携わったNFTゲームで炎上のローガン・ポール。WWEの起用方針には影響なしと報じられる

ニュース

2022年夏にWWEと契約したお騒がせ系Youtuberのローガン・ポール。

高い身体能力を生かしたパフォーマンスはファンを唸らせ、特に11月のローマン・レインズ戦は高く評価されています。団体としても彼のスター性を高く評価しており、今後も高待遇は続くでしょう。

現在は怪我で試合ができない状態にある彼ですが、彼が携わったNFTゲーム「CryptoZoo」が炎上する騒ぎがありました。

仮想空間の動物園を題材とし、「遊んでいるだけで儲かる」というコンセプトが話題を集めたこのゲームは、動物たちの生むコインを現金に換算することでユーザーが利益を得ることができます。しかし、投資家たちから数百万ドルの投資を受けていたにも関わらずゲームはまともに遊べず、ユーザーが損をする一方でポール以外の開発チームメンバーが不正に収益を得たという告発があり、ポールはこの告発者への法的措置を検討しているそうです

YouTuberによるNFTゲーム「CryptoZoo」の詐欺的実態告発が訴訟沙汰に
仮想通貨やブロックチェーン技術に関連する詐欺師や悪徳商法について調査することで知られるYouTuberのCoffeeZilla氏が、2021年から展開されているNFTゲーム「CryptoZoo」に関して、開発者に詐欺師が加わっており、ゲームでも不正な行為が行われていると告発しました。これに対して、ゲームに携わるローガン...

しかし、法的措置をちらつかせる動画は最終的に削除され、彼はフォロワーや投資家たちに謝罪することになりました。

こうした出来事はありましたが、Fightfulによれば、今後も彼を起用するというWWEの方針に影響はないとのこと。怪我は完治しており、Royal Rumbleへ出場する準備もできているそうです。

WWEとしても、こうした騒ぎを起こす人物だということを理解した上でそのスター性を評価して契約しているわけですし、ダメージはないのでしょう。

I’ll Never Fight Again

 

(Fightful, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

ジェイ・ブリスコが事故死。ブリスコブラザーズとしてタッグ戦線の最先端で活躍
プロレス界は偉大なレスラーを一人失ってしまいました。 AEW社長のトニー・カーンは、ジェイ・ブリスコが亡くなったことをTwitterで公表しました。 21世紀を代表するタッグチーム「ブリスコ・ブラザーズ」の一員と...
【AEW】トニー・カーン社長がWWE買収の可能性にコメント。「興味がある。面白いよね」
ビンス・マクマホンが復帰し、団体売却の可能性を模索しているWWE。 Baron’sやCNBCの報道によれば、AEWを運営するカーン一族もWWEの買収に興味を示しており、実際に動く場合は共同出資者を募るだろう、とのこと。もし買収...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました