スポンサーリンク

ドリュー・マッキンタイアとWWEの契約ステータス最新情報。契約はいつ満了し、WWEは彼をどのように評価しているのか

ニュース

2023年が契約最終年になることが報じられたドリュー・マッキンタイア。

2017年のWWE復帰以降、彼は素晴らしいパフォーマンスを披露し続けています。団体に欠かせない存在ですが、永遠にWWEで活動し続けることになるかどうかはわかりません。

Fightfulは、彼とWWEの契約ステータスについての最新情報を報じています。

まず、彼の契約は今後9ヶ月以内に満了することになり、2023年末か2024年初頭がそのタイミングになるかもしれないとのこと。また、彼は新しい契約にサインするまでに時間をかけようとしており、契約満了が差し迫ったタイミングまで待っているとのこと。「考慮すべき要素がたくさんあるため」というのがその理由とのことです。

選手の契約満了が近づいてから新契約に向けての交渉を開始する……というのは、ビンス・マクマホン体制ではよく見られた光景でした。しかし、HHH体制でも同様のプロセスで勧めていくかどうかはわかりません。

もし彼がフリーエージェントになった場合、AEWや新日本プロレスが獲得に動くことが予想されます。WWEとしても彼のことを非常に高く評価しており、残留を熱望しているとのこと。彼のファンには嬉しい情報ですね。

(Fightful, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【WWE】コーディ・ローデスがAEW時代の葛藤を振り返る。「まだ俺に勝つべきじゃない相手に何度か負けた」
2022年2月にAEWから退団したコーディ・ローデス。 彼は副社長の1人としてレスラーたちを売り出す仕事に関与していました。リッキー・スタークスやパワーハウス・ホブスなど、彼...
【AEW】トニー・カーン社長がゴールドバーグのROH参戦を否定。ただし、AEWへの扉は開いている…「ROHとAEWの違いのいい例だ」
2022年末にWWEとの契約を満了し、フリーエージェントとなったゴールドバーグ。 プロレス界でもトップレベルの大物ですが、次にどういった活動をしていくのかはわかりません。個人...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました