スポンサーリンク

【WWE】ビンス・マクマホンがレッスルマニア39のバックステージで仕事復帰。ショーの運営に深く関与したと報じられる

ニュース

ビンス・マクマホンが定位置に戻りつつある…かもしれません。

2023年1月に団体売却のためにWWEへ復帰した彼は、クリエイティブの仕事には戻らず、売却に向けた仕事に専念しているとされていました。

UFCの親会社エンデバーがWWE買収に向けた交渉を続けていると報じられる。早ければ明日にも正式発表か
2023年1月に団体売却のために復帰したビンス・マクマホン。 彼の仕事が形になる時が近づいているかもしれません。 CNBCによれば、UFCの親会社エンデバーがWWE買収に向けた交渉...

しかし、ここ1ヶ月ほどは彼とクリエイティブの関係についての報道が多く、バックステージでの影響力が強くなっているという話もありました。

団体売却の交渉も佳境に入っているとみられる中、彼はレッスルマニア39のバックステージでヘッドセットをつけた姿で目撃されました。PWInsiderによれば、彼はゴリラポジションに近い自身のオフィスを構え、フィードバックを与えたり、質問するなどの形でショーの運営に関与していたとのこと。

レスリング・オブザーバーは、これに付け加える形で、ビンスがショーの運営そのものをしているわけではないものの、深く関与していることを報じました。

先日、WWEはビンスが正式に団体の従業員に復帰したことを発表しました。今後の彼の仕事は不明です。団体関係者たちは彼のクリエイティブへの関与を否定し続けてきましたが、今後どうなるかは分かりません。

(PWInsider, Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】柴田勝頼がROH / AEWでの活動への意気込みを語る。「ブライアン・ダニエルソンとの試合が近づいた」
ROHのPPV「Supercard of Honor」でROHピュア王座を獲得した柴田勝頼。 ウィーラー・ユウタを下しての勝利は、彼とBlackpool Combat Clubの抗...
ドリュー・マッキンタイアとWWEの契約ステータス最新情報。契約はいつ満了し、WWEは彼をどのように評価しているのか
2023年が契約最終年になることが報じられたドリュー・マッキンタイア。 2017年のWWE復帰以降、彼は素晴らしいパフォーマンスを披露し続けています。団体に欠かせない存在ですが、永...
タイトルとURLをコピーしました