スポンサーリンク

SmackDownのカメラワークは「映画のようになる」? / RAWの視聴者数が激減

ニュース

ニュースをまとめて紹介。

SmackDownのカメラワークは「映画のようになる」

10月第1週から放送曜日が火曜日から金曜日に、放送局がUSAネットワークからFOXに移行するSmackDown。これにより、番組はよりスポーティーになり、変化するポイントも少なからずあるだろうとされています。

WrestleVoteによれば、FOX移行後のSDはより多くのカメラによって撮影されるようになり、「映画風になる」とのこと。

カメラワークでRAWとの違いを打ち出すのはいいアイデアですね。ただし、ソース元のWrestleVoteは信憑性に問題があるとされることが多いので、話半分程度にとどめておくべきだと思います。

RAWの視聴者数が激減

“Reunion”と銘打たれた先週のRAWは、懐かしレスラーが大集合する特別な内容でした。視聴者からの評判はよくありませんが、視聴者数は激増。ここ最近は210〜250万人をウロウロしていた数字が、この日は300万人を超えました。USAネットワーク主導の視聴率対策は大成功を収めたのです。

しかし、調子は長続きしませんでした。通常通りの放送となった現地時間29日のRAWの視聴者数は約232万人。約70万人も視聴者が減ってしまいました。

この日のRAWは、エグゼクティブ・ディレクターのポール・ヘイマンの影響が強く出たとされています。継続は力なり。ヘイマンの手腕が数字として現れるのがいつになるかはわかりませんが、彼は若者にアピールできるレスラー(リコシェなど)をプッシュする方針を取るようなので、きっといい結果につながるでしょう。

(Cageside Seats)

あわせて読みたい

AEWの年間興行数と「レスラーを守るための取り組み」。他団体との試合数の差が明確になる?
10月からウィークリー番組の放送が始まるAEW。番組の情報については、下の記事で紹介しています。 Rajah.comは、テレビ放送される興行以外の部分について報じています。 年間興行数は100〜120程度にな...
新日本プロレスとAEWの関係には「亀裂が入っている」。新日本がAEWをタブー視するのは何故なのか?
AEWの中心人物であるケニー・オメガやヤング・バックス、Codyは新日本プロレスで活躍したスターレスラーでした。特にケニーは同団体の海外戦略の軸であり、彼の人気の高さが海外での新日本人気を引っ張っていたのです。AEW旗揚げが発表された時、世...
AEWとの噂が絶えないCMパンクについて、デイブ・メルツァーがコメント。「望んでいないんだ」
元WWEスーパースターのCMパンク。2014年にWWEを退団後はUFCと契約し、MMAファイターに転向しました。しかし、結局2度しか試合をすることがないまま2018年に契約を終え、その後はNetflixの番組「アルティメット・ビーストマスタ...
タイトルとURLをコピーしました