スポンサーリンク

【WWE】セス・ロリンズがコロナパンデミック以降のファンとの関係を語る。「当たり前だとは誰も思わなくなった。二度とファンの前で試合ができないかも、と思ったし」

インタビュー

新型コロナウイルスのパンデミックは、世界中の人たちの価値観を大きく変えました。

あらゆるプロレス団体が活動の縮小を強いられ、無観客での番組収録・大会の開催をせざるを得ない状況に追い込まれ、財政面でも苦境に立たされたのです。WWEは客席にモニターを設置し、ファンが自宅から番組を観戦する表情を映し出して観客がそこにいるかのように演出するThunderdome形式での番組・PPV収録を行うという工夫で苦しい時期を乗り切ろうとしました。しかし、ファンの生のエネルギーを感じることができないことに戸惑いや憤りを感じる選手も多かったのが実情です。

現在では有観客でのショー開催が復活したものの、Thunderdome EraはWWEスーパースターたちの意識を変えたようです。WWE世界ヘビー級王座チャンピオンのセス・ロリンズは、最新のインタビューの中でファンとのつながりについて語り、以前は「当たり前」だったことが、今ではそう考えられなくなったことを明かしました。

ファンは楽しんでくれている。それこそプロレスってものだ。ここ2〜3年の観客は本当に楽しんでくれているね。昔は、俺たちが行く街で待っているファンたちに、「みんな、このショーを見たいと心から思っていたか?大金を使って見に来てるんだから、本当に楽しい時間を過ごそうと思してくれているか?」と思ったりしてたよ。

でも、最近は…おそらく新型コロナウイルスのパンデミックが終わった後、これを当たり前のことだと誰も思わなくなったんだよ。1年半くらい、WWEは無観客で番組やPPVをやっていたからね。観客の前でパフォーマンスをすることはもう二度とできないかもしれない、と思ってたし。

(ファンがセスの入場曲を合唱していることについて)会場のファンが「What?」チャントを飛ばすようになったら、それは彼らが退屈していることの意思表明だ。もし、ファンが俺に関係ない場面で入場曲を合唱し始めたら、話は変わってくる。今は、俺とファンでパーティーをしてるんだよ。俺の対戦相手が大きく動揺することを、俺たちは望んでいるんだ。

あの時期を経験した今、ファンの合唱は本当に嬉しいでしょうね。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【STARDOM】林下詩美がROHの収録に参加。AEW・Collisionのバックステージにやってくる
アメリカ遠征中の林下詩美。 試合をこなす傍ら、彼女はWWEのナタリアと共にトレーニングをしたり、イヨ・スカイ(紫雷イオ)の誘いでWWEパフォーマンスセンターを訪問したと報じられるな...
【WWE】ショッツィが放送中に髪の毛を剃り落とす。理由は「姉妹の連帯を示すため」だった
SmackDown最新回で、衝撃的な映像が流されました。 以前、Damage CTRLのベイリーにテーブルに押さえつけられ、髪を切られたことのあるショッツィ。今回放送された映像では...
タイトルとURLをコピーしました