スポンサーリンク

【新日本プロレス】アレックス・ジェリー「KUSHIDAとのTime Splitters復活は、コロナがなければWWEでもっと続いたはず」

インタビュー

2020年1月、当時フリーエージェントだったアレックス・ジェリーは、かつて彼が新日本プロレスへ参戦していた時に組んでいたKUSHIDAとのタッグチーム「Time Splitters」を復活させるため、 NXTへ初参戦しました。

クリス・セイビンとのタッグチーム「Motor City Machine Guns」での活躍が知られる彼は、新日本ではKUSHIDAとの「Time SplittersでIWGPジュニアヘビー級タッグ王座を2度獲得しました。

2016年のROH大会を最後にチームの活動は終了しましたが、2020年にNXTでまさかの復活を果たし、ダスティ・ローデス・タッグチーム・クラシックにエントリー。惜しくも1回戦で敗れましたが、ファンは復活に大興奮でした。

【WWE】アレックス・シェリーがKUSHIDAとのTIME SPLITTERS再結成を振り返る。「心から愛していた」
2020年1月、アレックス・シェリーはWWE・NXTに参戦し、新日本プロレス時代にKUSHIDAと組んでいたタッグチーム「TIME SPLITTERS」を復活させました。 テレビ番...

最新のインタビューで、シェリーは「もし新型コロナウイルスのパンデミックが起きていなかったら、Time SplittersはWWEでもっと長く続いていたかもしれない」ということを明かしました。

KUSHIDAとはカナダで同じスクールで練習していたから、以前から知り合いだったんだ。2008年に初めて対面し、その後、多くの日本人レスラーが経験する遠征を終えて日本に戻った。

帰国後、TAJIRIが運営していた小さな団体で彼の試合をいくつか見たことを覚えているよ。まるで俺とクリス・セイビンのMotor City Machine Gunsのようだったね。

俺たちは親友になり、彼の結婚式ではベストマンを務めた。彼は私の人生の様々な時で俺のそばにいてくれたし、連絡を取り合っていたんだ。パンデミックが起こる前の2019年、20年には、もしパンデミックが起こらなかったら、WWEでTime Splittersをもっとたくさん見ることができたかもしれないという時期があったんだ。

しかし、パンデミックが起きてしまった。とはいえ、俺たちは物事をうまくやったから、(KUSHIDAのWWE退団後に)GCWやいくつかのインディペンデント、IMPACTなど、他の団体でもTime Splittersをやることができたんだよ。

もしTime Splittersが NXTでもっと活動できていたら、KUSHIDAのWWEでのキャリアはもっと違っていたかもしれませんね。

(POST Wrestling)

あわせて読みたい

WWEが「 NXTの視聴者数をAEW・Dynamiteより大きくする」ことに集中していると報じられる
2019年秋、WWE・NXTとAEW・Dynamiteが同じ曜日の裏番組として放送されるようになったことで発生したテレビ戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」。 戦争に勝利したのは...
【WWE】LAナイトはビンス・マクマホン&HHHから高評価も、バックステージの悪評でプッシュが頓挫するかも?
ファンから高い支持を受けているLAナイト。誰もが彼のプッシュを望んでいますが、思わぬところでそれが頓挫してしまう可能性があるようです。 2022年にWWEから解雇を通告されたナイト...
タイトルとURLをコピーしました