スポンサーリンク

【AEW】MJFとトニー・カーン社長がメキシコでのビッグイベント開催に興味。「アステカ・スタジアムに行きたくて仕方がない」

インタビュー

イギリスで8万人規模のビッグイベントAll Inを成功させたAEW。国際的にも知名度の高いレスラーが多く在籍するAEWには、世界中のプロレスファンが「私の国で大会をやってほしい!」と思っています。特に日本のファンの思いは強いでしょう。

メインイベンターとして8万人のファンを大満足させたMJFとトニー・カーン社長は、All In終了後の記者会見の中で、今後の海外でのショー開催について意見を述べました。MJFは、メキシコの9万人規模のビッグスタジアム、アステカ・スタジアムでのショー開催を希望しているようです。

言わせてくれ。俺はアステカ・スタジアムに行きたくて仕方がないんだ。俺の判断でできることじゃないが、アステカ・スタジアムは大勢の観客を収容できる。トニーに働きかけて、「できるかもね」とか「やるよ」とか言わせるプレッシャーをかけたいくらいだ。

アステカ・スタジアムは、2026年のFIFAワールドカップの会場になることが予定されています。All Inの開催地ウェンブリー・スタジアムがサッカーの聖地でしたが、またしてもサッカーのビッグスタジアムでPPVを開催することはできるでしょうか?

トニーは、開催候補の会場が複数あることや、アステカ・スタジアムの魅力について、次のように語りました。

アステカ・スタジアムは素晴らしい会場だと思う。他にも素晴らしい会場はたくさんあるけど、これはいいアイデアだね。確かに検討しなければならない。メキシコでのビッグイベント開催は、適切な状況下でやりたいな。AEWはルチャ・リブレの素晴らしいパートナー(AAA)がいるし、本当にエキサイティングなアイデアだ。

日本大会はいつですか

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】AEWトニー・カーン社長がメルセデス・モネとの関係にコメント。「 All Inを見て、 AEWがどんなものかを知ってもらえた」
現地8月27日、 AEWはイギリスのサッカーの聖地ウェンブリー・スタジアムで8万人規模のPPV「All In」を開催しました。 チケットを購入した有料観客動員数はWWEが2016年...
【新日本プロレス】ウィル・オスプレイのインパクト・レスリング「Bound For Glory」参戦が発表される。積極的な他団体参戦は続く
新日本プロレスを拠点に世界中の団体へ参戦しているウィル・オスプレイ。新日本との契約満了が約半年後に迫る中、積極的な他団体参戦が続いています。 先日は、イギリスの団体RevProの旗...
タイトルとURLをコピーしました