スポンサーリンク

【WWE】CMパンクが2023年のRoyal Rumble出場を望んでいた?ケビン・オーエンズとの抗争でレッスルマニア出場があり得たかも

ニュース

AEWから解雇されたCMパンク。 All Inでのジャック・ペリーとの大喧嘩は無関係のスタッフたちに危険を及ぼしかねないもので、団体はこの点を重く見ました。

パンクが今後もプロレスラーとしての活動を続けるのであれば、新天地の本命はWWEでしょう。2014年にWWEを退団するまでに起こした人間関係の悪化は今もそのままとのことなので、ロッカールームは大変かもしれませんが…。

【WWE】AEWを解雇されたCMパンク。今もWWEトップスターたち&ウィリアム・リーガルとの関係は「非常に悪い」と報じられる
2014年にWWEを退団したCMパンク。2005年からWWEでの活動を開始した彼は、紆余曲折を経てトップスターの1人となり、大活躍を見せていました。しかし、彼がロッカールームで良好...

2022年9月、AEWのPPV「ALL OUT」終了後のバックステージでThe Elite(ケニー・オメガ&ヤング・バックス)と大喧嘩して出場停止処分を課された彼は、一時は退団濃厚とされていました。

結局2023年6月に復帰するわけですが、この約9ヶ月の間に、彼がWWEのリングへ上がる可能性があったようです。

Fightfulによれば、2022年12月ごろの彼はWWE復帰に前向きで、2023年のRoyal Rumbleでの男子ロイヤル・ランブル・マッチにサプライズ参戦するというアイデアを持っていたそうです。

この時、彼は誰かによって脱落することになり、彼を脱落させたレスラーとレッスルマニア39で対戦する…という考えだったようで、WWE関係者の間では、それがケビン・オーエンズだと噂されていたのだとか。2人はレッスルマニア39初日のメインイベントで対戦する…というアイデアだったようです。

ただし、WWEが彼の復帰を望んだり、 AEWが彼の退団を望んでいたような情報はなく、この計画も実現することはありませんでした。オーエンズはレッスルマニア39初日のメインイベントでサミ・ゼインとのタッグでウーソズと対戦しました。

プロレス界にifはつきものですが、もしこのアイデアが実現していたら、CMパンクの2023年、そしてその先はどうなっていたのでしょうか?

(Fightful, Inside The Ropes)

あわせて読みたい

【AEW】CMパンクとThe Eliteの「確執解消の会合」が行われる予定だった?双方の認識の食い違いがパンクのストレスに繋がったか
All Inのバックステージでジャック・ペリーと喧嘩して解雇されたCMパンク。 彼がAEWのバックステージで問題を起こすのは今回が初めてではなく、2022年9月にはALL OUTの...
【AEW】クリスチャンが「太っ腹な契約」で再契約したことを発表。「手にすることになる一円一円が、俺にふさわしい」
WWEで素晴らしい実績を残し、現在はAEWで極悪非道なお父さんとして活躍中のクリスチャン。 度重なる脳震盪による引退から奇跡的な復帰を果たした2021年にAEWへ移籍した彼は、一貫...
タイトルとURLをコピーしました