スポンサーリンク

【WWE】ビンス・マクマホンがクリエイティブから離れたのはエンデバー社CEOの判断だと報じられる

ニュース

2023年4月からクリエイティブに復帰し、クリエイティブ責任者のHHHらと共にリモートで番組制作に関与していたビンス・マクマホン。

現在78歳の彼は、WWEとUFCが合併して生まれた新会社TKOのチェアマンとして働いており、これからも忙しい日々が続きます。

しかし、最近、彼がクリエイティブから離れていることが報じられました。番組制作が彼の手から完全に離れるのは、2022年7月に「一時的に」引退してから2023年3月までの間、HHHが主導権を握っていた時期以来となります。

Sports Illstratedによれば、この背景には2つの要因があるそうです。

1つは、WWEを買収したエンデバー社のCEOアリ・エマニュエルの意向。彼は、「自分に割り当てられた仕事に集中するべきだ」という考えを持っているそうで、ビンスはチェアマンとして放送権交渉などのマネジメントに専念し、HHHがクリエイティブに専念しているのだとか。

このことは、もはやビンスがWWEの絶対的権力者ではなくなったことを如実に示しています。あれもこれも担当する…という働き方は、TKO体制ではできなくなってしまいました。

ビンスは、経済的に彼を保護する内容の契約をTKOと交わしています。しかし、そこには彼が団体を好きなように運営できるとは書かれておらず、現在、あらゆる最終決定権を持っているのはアリ・エマニュエルなのだそうです。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】リオ・ラッシュが最近の体調不良を語る。「キャリアにとって大事な時期に…」
DESTRUCTION in RYOGOKUで高橋ヒロムの持つIWGPジュニアヘビー級王座に挑戦する予定だったリオ・ラッシュ。 両国国技館でのビッグマッチを前に、外国人レスラ...
【新日本プロレス】ウィル・オスプレイがメンタルヘルスの問題を語る。「家族から離れ、ホテルの部屋にいる…パフォーマンスに大きく影響してるよ」
観客の前でパフォーマンスし、その評価があらゆる形で伝わってくるプロレスラーという仕事は、肉体的だけではなく、精神的にも本当に大変です。 誰もが認めるトップレスラーであっても、...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました