スポンサーリンク

【WWE】ジョン・シナがECWでのロブ・ヴァン・ダム戦を振り返る。「あの夜の出来事は誰にも予想できなかった」

インタビュー

2005年、伝説のインディ団体ECWがWWEのもとで復活し、「One Night Stand」という大会が年1回のペースで行われるようになりました。

2006年の大会では、メインイベントでWWE王座チャンピオンのジョン・シナがECWの人気スターだったロブ・ヴァン・ダムと対戦。圧倒的なRVD支持の雰囲気の中で登場したシナは猛烈なブーイングを浴び、完全にアウェーな状態で試合に挑むことになりました。

試合終盤にエッジが乱入してシナにスピアーを決め、続けてRVDがファイブスター・スプラッシュを決めて勝利。シナはECWで勝利するチャンスを逃しました。

ECWを率いていたポール・ヘイマンは、この試合におけるシナのパフォーマンスを絶賛しており、「彼は試合を楽しんだだろう」とコメントしています。シナにとっては大変な試合だったでしょうね…。

【WWE】ポール・ヘイマンが「ジョン・シナのECW参戦」を振り返る。「楽しんでいたと思う」
2001年に倒産した後、WWEで復活した伝説のインディ団体ECW。2005・2006年に開催された「ECW One Night Stand」は、元ECWレスラーたちをフォーカスした...

最近、彼はこの試合についてTikTokの動画で次のように振り返っています。

あれは、俺のWWEでのキャリアで最も話題になった瞬間かもしれないね。

観客が俺に対して敵対的になることは分かっていたけど、あの会場の雰囲気は、「敵対的」という言葉だけでは足りないほどのものだったよ。彼らはロブを愛し、俺を憎んだ。

あれはおそらく、数年間にわたってWWEで噴出した分極化のピークだったんだろうと思う。ジョン・シナという名前を聞くと、ファンは「彼は最悪だ」とか「彼は私のヒーローだ」とか、いろんな意見があった。でも、あの会場の中に、「ジョン・シナは私のヒーローだ」と言っている人は誰もいなかったよ。

ロブの才能は明らかだったけど、ダース・ベイダーこと宿敵エッジにスピアーされてテーブルに落ちたのはきつかった。

ロブがチャンピオンになったのは素晴らしいことだし、エッジと俺は、この試合の後、WWEで信じられないようなことを成し遂げた。あの夜は、誰も予想できなかい出来事が起きたよ。

(Fightful)

あわせて読みたい

ロブ・ヴァン・ダムが女子プロレスの進化を語る。「かつてはダメダメだったけど、今は最高の選手たちばかりだ」
海外団体の多くは男女混合のロースターを構成し、1つのショーの中で男子と女子の試合をブッキングするのが一般的です。 アメリカの女子プロレス界では多くのスターレスラーたちが活躍してきま...
【AEW】ショーン・スピアーズが退団を報告。「団体設立当初から携わらせてくれたことに感謝」
また一人、 AEWの初期メンバーが団体を去ります。 今日、ショーン・スピアーズが AEWからの退団を報告しました。彼は2019年の旗揚げ興行Double or Nothingに参戦...
タイトルとURLをコピーしました