スポンサーリンク

【AEW】スワーブ・ストリックランドが古巣WWEを語る。「クリエイティブが難しい。復帰の話が来たこともあるけど…」

インタビュー

2021年にWWEから解雇され、翌2022年に AEWへ移籍したスワーブ・ストリックランド。

彼は素晴らしいパフォーマンスを披露し続けており、ハングマン・ペイジとのライバル関係にファンは熱狂しています。WWEにとっては、彼を解雇した当時ならともかく、HHH体制の現在なら彼の才能をさらに活かす道があったかもしれません。

彼が所属していたHit Rowはメインロースターとして苦労し、目立った活躍の機会もないまま短期間で見切られ、彼と同じタイミングで解雇されました。

最新のインタビューで、彼はHit Row時代の苦労や、彼以外のメンバーがWWEへ復帰したことについて、次のように語りました。

俺は、他のメンバーたちとは違う経験を積んでいた。インディシーンで自分自身を一から築き上げる方法を知っていたんだ。どうやってハッスルして、あちこちの団体へ行き、パフォーマンスして、「ほしいものをどうやって手に入れるか?」を考え、それをどうやってマネタイズし、何を作るかを理解していた。

キャリアを通じて、そして今日に至るまで、俺はうまくやっている。一つの物事が次につながり、さらに次につながっているよ。俺の入場や音楽、プロレス、ルックス、サウンドの中で見られる細かな物事が、あちこちでハッスルしながら織り合わさっていく。彼らには、こういうところをまだまだ学ぶ必要があると思う。

WWEという組織は、クリエイティブに関しては本当に難しい団体だ。クリエイティビティを自分でコントロールできず、上層部に委ねられ、彼らが適切だと思うように動かされる。選手たちにとっては簡単なことじゃない。

俺は、自分がいるべき場所をわかってた。それはAEWだ。WWEから「復帰してくれ」と電話がかかってきたとき、俺はそれに答えなかった。Noということだよ。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【WWE】グンターがオカダ・カズチカを称賛。「俺は全日本プロレスの方が好きだけどね」
アメリカの大手団体への移籍が本命視されているオカダ・カズチカ。 2023年中はWWEが獲得に強い意欲を持っていることが報じられていましたが、最近はトーンダウン。団体内部でオカダ獲得...
【AEW】トニー・カーン社長がSTARDOMロッシー小川の契約解除を揶揄した理由は「嬉しかったから」?
昨日、STARDOMはロッシー小川の契約解除を発表しました。旗揚げ13年記念大会の終了後に創業者が追放されるという事件は、アメリカでも大きな話題になっています。 Dirt Shee...
タイトルとURLをコピーしました