スポンサーリンク

PROGRESSオーナーがDEFYとの合併が実現した経緯を語る。「同じ価値観を持っている。プロレス内外の経験を活かしていくよ」

インタビュー

イギリスのインディ団体PROGRESSと、アメリカ・シアトルを拠点とするDEFYの合併は、インディシーンに大きなメリットをもたらすかもしれません。

両団体は以前から友好関係にあり、定期的にコラボレーションしてきました。合併のプレスリリースの中では、2023年8月にAEW・All Inが開催された週末にロンドンでダブルショーを成功させたことが誇らしげに記載されており、この成功体験が両団体の合併につながる転機になったようです。

PROGRESSとDEFYが合併を発表。英米の人気インディ団体が一致団結!
多くのファンから人気を集めている2つのインディ団体が合併します。 今日、アメリカ・シアトルに拠点を置くDEFY Wrestlingとイギリスを拠点とするPROGRESS Wrest...

PROGRESSの共同オーナーを務めるマーティン・ベストは、Cultaholicによるインタビューの中でDEFYとの合併の経緯を語りました。

おそらく、去年の8月にDEFYがロンドンに来た時が大きかったね。我々はDEFYとダブルヘッダーのショーを行い、お互いのショーを直接見る機会があったんだ。

3〜4日間、お互いに交流し、たくさん会話した。そして、プロレス団体を運営する上で、同じ見解、視点、価値観を持っていることに気づいたんだ。お互いの位置やステータスを向上させるために何ができるかを考えてさ……。あの週末は、プロレスに対する莫大な関心と熱意があることを示したのさ。

プロレス界は、新型コロナウイルスのパンデミックを乗り越えたと思ってる。PROGRESSとDEFYのオーナーたちが同じ考えを持っていることもわかった。「おっ」って感じだね。俺たちがダブルヘッダーを成功させ、その翌日にAEWはウェンブリー・スタジアムでのAll Inで熱狂を生み出した。DEFYとの間で、「もっと一緒にやってみたはどうだろう?」という認識が生まれたんだ。一つのことが別のことにつながり、「合併しよう」という話になった。

我々は、それぞれのブランドを完全に別々のプロレス団体として維持する。しかし、PROGRESSの共同オーナーであるリー・マカティアと俺は、異なるビジネスやセクターで豊富な経験を積んできた。(マカティアは旅行業界の経験を持ち)俺はサッカーやバスケットボールの世界からやってきた。

DEFYを率いるジム・ペリーとマット・ファーマーもそうだしね。特に、マットは元プロレスラーだ。レスラーであることを知っており、彼らにどのようなサポートが求められるのか、ブッキングにどのように貢献できるかを理解しています。PROGRESSとしては、ジムとマットのブッキングへの意見を歓迎するよ。

(Cultaholic)

あわせて読みたい

【WWE】ドルフ・ジグラー(ニック・ネメス)がWWE退団までの苦悩を振り返る。「リリース要求に返信をくれたのはビンスだけだ」
2023年9月にWWEから解雇されたドルフ・ジグラー。 「ニック・ネメス」のリングネームで新日本プロレスやTNAへの参戦が決まっている彼にとって、WWEからの退団は「ついに実現した...
【新日本プロレス】ゲイブ・キッドが金網マッチでの負傷が原因でRevProのショーを欠場することが発表される
近年の新日本プロレスにおいてユニークな存在感を示し、大きな人気を集めているゲイブ・キッド。 BULLET CLUB War Dogsのメンバーとして暴れまわる姿はファンを魅了し、新...
タイトルとURLをコピーしました