スポンサーリンク

KUSHIDAが205LIVEデビューを果たす。移籍を意味するのかどうかは…

ニュース

2019年にWWEに移籍したKUSHIDAがクルーザーウェイト級のブランド”205LIVE”デビューを果たしました。ジェントルマン・ジャック・ギャラハーとタッグを組み、戸澤陽 & ブライアン・ケンドリック組と対戦。

KUSHIDAがケンドリックにサクラバロック(ホバーボード・ロック)を決め、KUSHIDA組が勝利を収めました。

205LIVEはSmackDown LIVE終了後に収録されます。アメリカ時間9月10日のSDLはマディソン・スクエア・ガーデンで開催されたため、この試合はKUSHIDAにとってのMSGデビュー戦ともなりました。

これがNXTから205LIVEへの移籍を意味するのかどうかはわかりません。9月18日からNXTのケーブルテレビでの放送が始まるため、このタイミングでの移籍はなさそうですが……。

あわせて読みたい

RevProで起きたレフェリー暴行事件。被害者は引退、加害者はTwitterアカウントを削除した
衝撃的な出来事です。 8月30日に開催されたRevPro"Summer Sizzler"では、オージー・オープンとジョシュ・ボドム & シャ・サミュエルズによるIWGPタッグ王座挑戦権争奪戦が行われました。試合はオージ...
ランス・アーチャーが"G1 CLIMAX"を語る
今年の夏、生まれ変わった姿を世界中のプロレスファンに見せつけたランス・アーチャーが、その舞台となったG1 CLIMAXについて語りました。 G1 CLIMAX ここ最近の新日本ではタッグ屋としての印象が強かったアーチャー。今年の...
Bellator MMAがTJPにオファーを出したと報じられる
8月に新日本プロレスが主催したジュニアヘビー級のトーナメント"Super J-Cup"に出場し、久々の新日本参戦を果たしたTJPに関するニュースです。 WrestlingINCによれば、Bellator MMAがTJPに試合の...
タイトルとURLをコピーしました