スポンサーリンク

【WWE】キャメロン・グライムスが「仕事を与えられない日々の苦悩」を語る。「仕事を失う心配はないと言われた5日後に解雇されたよ」

インタビュー

先日、WWEは人員整理を敢行し、ジンダー・マハルら7名の選手が解雇されました。

その中には、NXT北米王座などを獲得した実績のあるキャメロン・グライムスも含まれていました。ファンからの評価は高い彼ですが、2023年にメインロースターに昇格した後はなかなか出番に恵まれず、最後の試合となった現地4月12日放送のSmackDownでのブロン・ブレイカー戦もあっさりと敗れてしまいました。

Busted Open Radioに出演した際、彼はメインロースター昇格後にチャンスが与えられず、苦悩していたことを明かしました。2023年5月にSmackDownでバロン・コービンと対戦した時、コービンから「ここではNXTのことは関係ないよ」と言われたにも関わらず、その後の番組でNXTの選手たちがフューチャーされたことや、常に「君へのアイデアはないんだ」と言われていたこと、どんなにアイデアを出しても採用されなかったこと…。ライターたちに対して「働きたい」と言い過ぎて悪い印象を与えてしまったほどの状態だったといいます。

俺は心配していた。株式市場のギミックを始めたことで、ビジネスを別の観点から見るようになったんだ。企業の情報をフォローし、株式を扱うことで、物事を別の観点から見るようになった。

俺は1年以上まともに働いておらず、かなりの給料をもらっていた。誰かが帳簿を見れば、真っ先にカットされるべきなのは俺だとわかっただろう。お金の面だけを見ればね。「彼は我々のために何かができる人材だ」と判断すれば、俺を残すだろう。

この前、かなり上の幹部から、「ここでは常に仕事がある。仕事を失うことを心配する必要はない」と言われたんだ。俺の懸念を表明した後のことだよ。それから、5日後、彼らは電話をかけてきて、俺に解雇を告げた。

(Fightful)

あわせて読みたい

【WWE】ジョン・モクスリーがThe Shieldの仲間たちの活躍ぶりを語る。「レッスルマニア40で入場曲が流れた時、俺は日本で寝てたよ」
レッスルマニア40の第二夜、コーディ・ローデスとローマン・レインズの試合中、レインズやセス・ロリンズ、そしてディーン・アンブローズ(現AEWジョン・モクスリー)が所属した大人気ユニ...
ジンダー・マハルがAEWトニー・カーン社長に感謝。「セス・ロリンズとの闘いを面白くしてくれてありがとう」
2024年1月、WWEでジンダー・マハルがセス・ロリンズの持つ世界ヘビー級王座に挑戦しました。 この戦いは思わぬ角度から話題性がどんどん高まっていきました。AEWのトニー・カーン社...
タイトルとURLをコピーしました