スポンサーリンク

WWEとの新契約に合意したドリュー・マッキンタイアの契約内容が報じられる。好条件での契約を勝ち取る

ニュース

先日、ついにWWEとの新契約に合意したドリュー・マッキンタイア。

レッスルマニア40終了後に契約が満了すると見られていた彼ですが、WWEの親会社TKOで取締役を務めるザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)がSNSでマッキンタイアの新契約合意を発表。彼は今後もWWEの一員です。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーは、マッキンタイアの契約の内容を報じています。まず、契約期間は3年間。2027年まで契約が続くそうです。

また、年俸は400万ドル程度だと推測されていますが、これは確認されていません。もしこの程度の金額を受け取ることになるのであれば、WWEのトップ選手としてのプッシュを受けている彼にふさわしい金額ですね。

現在、彼は肘を痛めていると見られています。コンディションはよくありませんが、WWEへの最大限の貢献は続くでしょう。

(Wrestling Inc, Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【WWE】グンター「ビンス・マクマホン体制が続いていたら…俺は関わりたくなかった。HHHの前のWWEは好きじゃない」
2019年にWWEへ入団したグンター(ウォルター)は、NXT UK王座やWWEインターコンチネンタル王座を長期保持し、圧倒的な強さでファンを魅了してきました。 オーストリア出身の彼...
【AEW】ジョン・モクスリーが日本への強い思いを語る。「WWEにいた頃から日本での試合が楽しみで…両国国技館が一番好きだ」
AEWの看板レスラーとして活躍し、新日本プロレスの最高峰のタイトルであるIWGP世界ヘビー級王座を保持するジョン・モクスリー。 2019年から新日本に継続参戦している彼ですが、WW...
タイトルとURLをコピーしました