スポンサーリンク

【WWE】コーディ・ローデスが兄ダスティン・ローデスのWWE殿堂入りの可能性を語る。「条件を満たしてる。薬物依存から立ち直った最高の例だ」

インタビュー

1988年にデビューし、現在に至るまで存在感を放ち続けている大ベテラン、ダスティン・ローデス。

亡き父ダスティ・ローデスの意思を引き継いだ弟のコーディ・ローデスと共にローデスファミリーの誇りを胸に戦う彼は、WWEでの「ゴールダスト」としての活躍であらゆる分野のカルチャーに影響を与えるなど、確かな功績を残してきました。

ゴールダスト(ダスティン・ローデス)はドラァグクイーンの世界にどのような影響を与えたのか?
プロレスというエンターテイメントにはさまざまな要素が詰まっています。 シリアスさやコメディがアクションと組み合わさることでファンを魅了し、その魅力は他のジャンルにも波及し続けてきま...

そのキャリアは正しい方法で讃えられるべき。コーディはそう考えています。最新のインタビューで、彼は兄ダスティンがWWE殿堂入りを果たす可能性について次のように語りました。

彼が殿堂入りするに値するのは明らかだ。彼はその条件を満たしてい流よ。もし彼の伝度入りセレモニーでインダクターを務められるという機会を与えられたら、俺はスピーチのためにしっかりと準備するだろう。

プロレスの観点から見ても、兄は殿堂入りに値する人物だと思う。でも、俺が彼について最も誇りに思っていること、そしてこれからも誇りに思うことは……。

エンターテインメント業界の多くの人々が、薬物という「悪魔」に取り憑かれてしまい、クリーンになれないんだ。彼らは、少しだけクリーンでいることができたとしても、ヨーヨーのように薬物との距離が近づいたり離れたりする。

すべてをカットした人の例として、ダスティン・ローデス以上のものはないよ。すべてのネガティブなものを取り除き、新しい章を見つけたんだ。俺は兄のことを誇りに思ってる。

ダスティンは1996年に膝を負傷した時に強力な鎮痛剤を飲み始め、2〜3錠だった錠剤の数がどんどん増えた結果、一日に80錠の鎮痛剤を飲んだり、ウォッカやコカインが手放せなくなったり、アメリカで深刻な薬害が広まった抗不安薬ザナックスの中毒になったりと、深刻な事態に陥りました。

そこから見事に立ち直った兄の姿を、コーディは誰よりも喜んでいるのでしょう。ダスティンはルネ・パケット(ルネ・ヤング)のPodcast番組の中で過酷な日々について語っているので、いずれその内容を当サイトでも紹介します。

【WWE】カート・アングルが過去の薬物依存との苦闘を語る。「超強力な鎮痛剤を1日65個も…馬も泡をふく量だよ」
誰もが認めるプロレス界のレジェンド、カート・アングル。 レスリングの猛者としてオリンピックで金メダルを獲得し、WWEでのプロレスラー転向も大成功。彼は業界を代表するトップスターでし...
【WWE】ジョン・シナがステロイドを語る。「使ったことはない。アクセルを踏み込みすぎると悪影響が多い」
プロレス界には、ステロイドとの暗い歴史があります。 かつて、アメリカのプロレスラーたちの間でステロイドや鎮痛剤が蔓延し、肉体増強やパフォーマンスの向上と引き換えに多くのデメリットを...

(eWrestlingNews)

あわせて読みたい

【WWE】AJスタイルズが「ウィル・オスプレイをWWEへ勧誘したこと」を振り返る。「世界一の才能がWWEへ来ることを望まないわけがない」
2023年、新日本プロレスとの契約満了を前に複数団体と契約交渉を行ったウィル・オスプレイは、数ある候補の中からAEWを選びました。 2024年にフルタイマーとしてのAEWでの活動を...
タンガ・ロアがWWE・Backlashに登場!タマ・トンガをサポート
まさかの新メンバーがBloodlineに加わりました。 現地5月4日に開催されたWWE・Backlashでは、ソロ・シコア&タマ・トンガVSケビン・オーエンズ&ランディ・オートンの...
タイトルとURLをコピーしました