スポンサーリンク

【WWE】ゲイブル・スティーブソンの解雇は仲間たちにとって「予想外ではなかった」?NXTロースターたちの解雇に関する現場の意見とは

ニュース

2024年5月、WWEは東京オリンピック男子レスリング金メダリストのゲイブル・スティーブソンら複数のNXTロースターを解雇しました。

ジンダー・マハルらメインロースターたちが解雇された4月に続いての大量解雇。現場で共に働く仲間たちは、スティーブソンらが対談を余儀なくされたことについてどう思っていたのでしょうか。

Fightfulによれば、彼らが解雇された5月3日はWWEパフォーマンスセンターが閉鎖され、NXTロースターたちは「誰かが解雇される」ということを事前に認識していたそうです。

解雇対象者の中で最も大きな話題になったのはオリンピック金メダリストのスティーブソンの解雇。しかし、仲間たちにとって、彼の回顧はまったく予想外ではなかったようです。その理由は、「彼がWWEの思い通りに成長しなかったから」という単純なもの。やはり、期待外れだったという失望が解雇に繋がったのかもしれません。

【WWE】ブッカーT「ゲイブル・スティーブソンはWWE史上最大の失敗だったと言える。アマレスへの想いを完全に取り除けなかったね」
誰よりも高い期待を背負ってWWEへ入団したゲイブル・スティーブソンは、表舞台で1度しか試合をすることがないまま、WWEから解雇されてしまいました。 東京オリンピックのレスリング男子...

また、過去にロンダ・ラウジーへセクハラしたことが告発されて「解雇された」と報じられたものの、HHHが「解雇ではなく、現在の契約が更新されないだけ」と訂正したドリュー・グラックは、今もWWEとの契約が残っており、それが終了するのを待っている状態とのことです。

仲間たちから同情が集まっているのはボアとバレンティナ・フェロス。彼らについて、一部の選手たちは「怪我に苦しんでしまい、十分なアピールの機会がなかった」と、その解雇を惜しんでいるそうです。

また、ダイジャックやレクシス・キングとの試合も経験した2023年デビューのトレイ・ベアヒルが解雇されたのは多くの関係者にとって驚きだったといいます。

(Fightful, WhatCulture)

あわせて読みたい

ロブ・ヴァン・ダムが「チョップ合戦が嫌いな理由」を語る。「酔っ払った大学生の男たちみたいじゃないか」
プロレスの試合を見ているファンが大いに盛り上がる瞬間の1つに、レスラー同士のチョップ合戦があります。 お互いの胸元にチョップを打ち合う我慢比べ。意地と意地がぶつかり合い、真っ赤に変...
ブリー・レイがアンダーテイカーから叱られた経験を語る。「怪我させてしまって…『誰もお前と仕事したくなくなれば、役立たずになるぞ』と言われた」
プロレスラーに怪我はつきもの。しかし、可能な限り避けたいものでもあります。 たとえ相手が誰だとしても、同じリングに上がった相手を怪我させるのは決していいことではありません。特に、そ...
タイトルとURLをコピーしました