スポンサーリンク

【AEW】エディ・キングストンが前十字靭帯断裂と半月板損傷で手術を受けることに。復帰時期は2025年

ニュース

新日本プロレスのアメリカ大会Resurgenceでゲイブ・キッドと対戦し、足を負傷したエディ・キングストン。

場外へのブレーンバスターを受ける際に鉄柵に脚が激突したことが原因の怪我で、試合後に骨折が判明していました。本人は8月開催のイギリス大会All Inまでに復帰することを希望していましたが、それは叶わないようです。

PWInsiderに怪我の状況を語ったエディは、骨折だけでなく前十字靭帯断裂と半月板損傷を伴う重傷であり、治療のために手術が必要であることを明かしました。術後の回復とリハビリには約9ヶ月かかるようです。

エディだけでなく、AEWにとっても大ダメージ。しかし、彼は「これもプロレスの一部だ。怪我は起きてしまうものだよ。必ず戻ってくるぞ」と力強くコメントしています。

(PWInsider)

あわせて読みたい

【AEW】コーディ・ローデス「俺はいつもAEWに目を向けている。あそこでの時間は人生の素晴らしい季節だった」
WWEへ復帰した後も、自らが立ち上げに深く貢献したAEWへの強い思いを忘れていないコーディ・ローデス。 両団体の間には敵対意識があり、ファン同士も部族主義的な口論・口撃を繰り広げる...
【AEW】アーン・アンダーソンがMJFの将来性を絶賛。「プロレス界でできないことはない。でも、不必要に身体を痛めてはいけない」
AEW世界王座を失った後、怪我の回復に取り組んでいるMJF。 AEWの若手4本柱の中で最も早くAEW最高峰のタイトルを獲得した彼は、立派なチャンピオンとして1年以上タイトルを保持し...
タイトルとURLをコピーしました