スポンサーリンク

UFCダナ・ホワイトがWWEとの協力関係を語る。「我々は別々だ」

ニュース

2023年、WWEとUFCは合併し、新会社TKO傘下の団体としての活動を開始しました。

両団体のコラボレーションは拡大していくことが予想されており、WWEの選手がUFCの大会を現地観戦したことが話題になったほか、UFCの選手がWWEの番組で自分たちのストーリーを語るといったこれまでにないコラボも実現しました。

世界的な団体同士の相乗効果。彼らはどのように協力し合っているのでしょうか?UFC 302の記者会見で、UFC代表のダナ・ホワイトはWWEとの協力体制について次のように語りました。

とても別々のものだね。俺は、彼らとまったく協力していない。俺は俺のやるべきことをやっているし、彼らは彼らのやるべきことをやっているんだ。

WWEは俺のチームの何人かを使っていて、彼らはWWEのビジネス面で様々な分野を手伝っているよ。

ライブイベントを開催することに関しては、WWEは彼らのやり方が非常に上手だし、我々は我々のやり方が板についている。俺に関しては、それくらいのことだ。

(Fightful)

あわせて読みたい

【AEW】志田光の復帰についての議論が始まったと報じられる
プロレスラーの枠に留まらない活動を続ける志田光。 2024年の彼女は4試合にしか出場していませんが、その一方で日本で舞台演出に取り組むなど、彼女にしかできない仕事に取り組んでいます...
WWEとの契約満了のベッキー・リンチに対し、WWE内部では「他団体へ移籍することはないだろう」という認識が広まる
2024年5月末でWWEとの契約を満了したビッグスター、ベッキー・リンチ。 近年のWWE女子戦線におけるトップスターとして第一線で活躍し続けてきた彼女は、フリーエージェントになる6...
タイトルとURLをコピーしました