スポンサーリンク

【AEW】メルセデス・モネはDouble or Nothingを前に「非常にナーバスになっていた」。自分にはまだできる、と証明する必要が…

インタビュー

5月に開催されたAEW「Double or Nothing」でウィロー、ナイチンゲールとのTBS王座戦に挑んだメルセデス・モネ。

2023年5月に新日本プロレスのアメリカ大会でナイチンゲールと対戦し、そこで足首を負傷した彼女は、1年近く試合から離れていました。久々の復帰戦で彼女は高パフォーマンスを披露し、さらに勝利。完全復活を宣言しました。

サーシャ・バンクスのリングネームでWWEのスターとして活躍した彼女ですが、大舞台での復帰を前に、平常心ではいられなかったようです。Busted Open Radioに出演した同僚のサンダー・ロサは、Double or Nothingでの試合を前にしたモネの様子について、次のように語りました。

試合前の彼女はとてもナーバスになっていた。あの試合は、以前負った彼女のケガの重大さもあって、彼女にとって非常に重要なものだったんだ。個人的なレベルでね。

2023年に彼女がケガをした時、それでおしまい、もう二度とレスリングができないだろうと心の中で思っていたんだよ。あの夜にあのレベルでプロレスができたこと、自分にはまだできると証明できたこと、そして人々が願うようなレベルでそれができたことは、彼女にとって大きな意味がある。

(Cultaholic)

あわせて読みたい

【AEW】志田光の復帰についての議論が始まったと報じられる
プロレスラーの枠に留まらない活動を続ける志田光。 2024年の彼女は4試合にしか出場していませんが、その一方で日本で舞台演出に取り組むなど、彼女にしかできない仕事に取り組んでいます...
【WWE】レイ・ミステリオ「今もエディ・ゲレロの魂が生き残っているのを目の当たりにする。永遠に生き続けるんことが嬉しい」
2005年、WWEのトップレスラーとして活躍していたエディ・ゲレロは遠征先のホテルで動脈硬化性疾患により急死しました。 新日本プロレスにも参戦経験があり、世界的な人気を誇ったメキシ...
タイトルとURLをコピーしました