スポンサーリンク

【AEW】ランス・アーチャーがうまくいかなかったWWE時代を振り返る。「大変な時期で…バティスタも『今はヒールになりたくない』と言っていた」

インタビュー

新日本プロレスやAEWで活躍したランス・アーチャーは、2009年から2010年にかけてWWEに所属していました。

彼の活動はなかなか思い通りにいかず、活動期間もわずかになってしまいました。あの頃の自分や、ファミリー向けのPG Eraに突入していく過程にあったWWEでの活動について、彼はどう考えているのでしょうか。

ジェイク・ロバーツのPodcast番組に出演した彼は、WWEでの活動がうまくいかなかったことについて次のように語りました。

俺がWWEにいたごく短い期間は、WWEにとっても、俺自身にとっても、ビジネスにおいて非常に異なる時期だったと思う。

かつて、バティスタと会話したことを覚えているよ。俺が初めて彼らと一緒に仕事をするようになった頃、彼はまだWWE深く関わっていた。彼は「今の時代のプロレスでヒールになりたいとは思わないな」と言っていたよ。

彼の資質とタイミングが合わなかった、ということなのでしょうか。良いことも悪いこともあったと当時を振り返る彼ですが、残念な思いも強いのでしょう。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【WWE】コーディ・ローデスが「スティーブ・オースチンやザ・ロック以来、最も最高したベビーフェイスになった。ジョン・シナを超えた」と報じられる
2022年にWWEへ復帰した後のコーディ・ローデスは非常に高い人気を誇り、ファンは彼のグッズをよく買っています。 レッスルマニア40ではローマン・レインズに勝利して統一王座を獲得。...
ジェイク・ヘイガーら4名が正式にAEWから退団したことが確認される
2024年5月末、AEWに所属していた複数名が契約満了を迎えました。 ものすごい勢いでロースターを拡大してきたAEWですが、最近は退団者が目立つようになり、新陳代謝が進んでいます。...
タイトルとURLをコピーしました